影浦 賢

公開日 2009年09月20日

鍛造

 土佐自由鍛造技法を駆使し、ダマスカスナイフ、板前包丁、鎌、鉈等幅広く制作、全国に土佐刃物の新分野を開拓



◆「技のみどころ」 ≪こだわり≫
 
  鉄を活かす。
鍛冶屋が作ったものは何でも使い捨てではなく、古い鍬でも再生させることができる。農家からもらった鍬を再利用し、ダマカス模様を入れてみたり鉄を自分の思った形にできておもしろい。
 
 
◆「夢」 ≪挑戦・目標≫
 
  刀匠に弟子入りし、玉鋼(たまはがね)で創る日本刀を作ってみたい。


◆ひとこと 

≪苦労≫

 炉を焚くのに、重油を使うと二酸化炭素が多く出るので、環境に配慮した鍛造も考えないといけない。「松炭」による鍛造をやっている。

≪希望≫

 鍛造職人が精魂込めて作ったものは、大切にしてほしい。刃物にある人権(権利)を大切にしてほしいし、鍛冶屋の誠意を伝えたい。



作業風景及び作品
          作業風景                      作業風景                        作品

連絡先

高知県 商工労働部 雇用労働政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 労政担当 088-823-9763
能力開発担当 088-823-9765
就業支援担当 088-823-9766
雇用対策担当 088-823-9764
ファックス: 088-823-9277
メール: 151301@ken.pref.kochi.lg.jp