仙頭 博臣

公開日 2009年09月20日

製炭

 炭窯の改良と製炭技術開発により、炭質を維持しつつ、製炭工程の短縮に成功している。



◆「技のみどころ」 ≪こだわり≫

 土佐備長炭は主に燃料炭として利用される。
 最終的に使われる人(板前さんなど)に使いやすい炭をつくことにこだわっている。 
 

◆「夢」 ≪挑戦・目標≫
 
 世界遺産に登録されるような炭窯づくりを目指し、ギネスブックに載るような土佐備長炭づくりを目指す。
 

◆「ひとこと」 ≪希望≫
 
 次の世代へも土佐備長炭の火が消えないように残していきたい。
 そのためには、土佐備長炭を作る技術を引き継ぐことが大切。
 この仕事は、経験で覚えることが多く、永い時間をかけて身に付けることがたくさんある。
 窯づくりも何年に1回あるかないかで、修理の機会も少ない。

 是非、皆さんに土佐備長炭を使ってほしい。


作業風景及び作品
           作業風景                作品 ( 作品名 : 土佐備長炭 )


連絡先

高知県 商工労働部 雇用労働政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 労政担当 088-823-9763
能力開発担当 088-823-9765
就業支援担当 088-823-9766
雇用対策担当 088-823-9764
ファックス: 088-823-9277
メール: 151301@ken.pref.kochi.lg.jp