吉村 公仁 (金属加工)

公開日 2012年01月30日

銃の「銃身」と呼ばれる、弾丸が通る金属部分に機械加工を施した際に生じる僅かな歪みを目視にて確認し、手作業において修正する「曲がり直し」の工程を担当している。
銃の基本性能である命中率に大きく影響するこの作業において、世界に通用する命中率を維持した世界最高レベルの銃を生産するうえで絶対的に必要なこの技術に38年の経験を有した最高の技術者である。

◆「技のみどころ」 ≪こだわり≫
 
 銃身の「曲がり直し」は、一見地味な作業ですが、この作業で銃の命中率が決まります。

 これからもこだわりを持って、「曲がり直し」を行っていきたいと思います。

 
 
◆「夢」 ≪挑戦・目標≫

 これからも世界に誇れるミロクの銃を作り出していきたいと思います。

 そして、私の持っている技術を後進の者に伝え、そしてミロク製作所が

 ますます発展していってほしいと思います。

 

◆「ひとこと」

 「土佐の匠」に認定されましたが、今後は自分を超える技術を持った若手が育っていってほしい。

 そのためにも、若手の育成に努めていきたいです。
 

◆◇ 作業風景及び作品 ◆◇

作業風景(曲がり直し)

散弾銃(ショットガン)

完成銃

 

 

連絡先

高知県 商工労働部 雇用労働政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 労政担当 088-823-9763
能力開発担当 088-823-9765
就業支援担当 088-823-9766
雇用対策担当 088-823-9764
ファックス: 088-823-9277
メール: 151301@ken.pref.kochi.lg.jp