福留 章夫 (菓子製造)

公開日 2015年12月11日

福留さん

 氏は和菓子作りの技術、知識、感性を駆使し、高知県産の山桃や柚子土佐茶等の高知県産の食材を使い、お菓子の開発に勤めるとともに、先代から、牧野富太郎博士も愛した「百合羊羹」を引き継ぎ変わらぬ味を提供されています。
さらに氏は、土佐山内家宝物資料館と協力し、その高い技術、知識を駆使し資料館所蔵の「生菓子図案集」に記載されている茶道菓子の再現にも取り組んでおいでです。
ほかにも、牧野植物園での野点に提供する和菓子(茶道菓子)では、伝統的園芸植物を再現した和菓子を作成されており、出来上がった和菓子は、植物の葉を良く再現しその技術の高さを物語っています。こうした催しものに和菓子を提供することで高知県観光のPRにも貢献されています。

◆「技のみどころ」 ≪こだわり≫

 こだわりは、お茶会のお菓子を主に作っていますので、亭主(お茶席のもてなす側)の思いを聞き、思いにそった和菓子を作ることです。

 お茶席では、亭主が自身のテーマにそって、茶室のしつらえ等を準備します。お茶菓子についても、イメージをお伺いし、いわばオーダーメイドで作ります。

 作った、お茶菓子が、亭主の希望どおりなのかは、お茶会が終わってみないと分かりません、自分の作ったお茶菓子が、お茶席にぴったりでした、と言われるのは非常にうれしいことです。

 


◆「夢」 ≪挑戦・目標≫ 

 和菓子を、若い人にもっと知ってもらいたいです。

 学校で、和の文化等の授業にともなって、和菓子作りの体験教室の講師をと、お声がかかることがあります。これからも、お声があれば出向いていき、皆さんに和菓子の魅力・おいしさを広げていきたいです。

 
◆「ひとこと」

 このたび、土佐の匠に認定をいただき、非常にうれしく思います。それと共に責任の重さも感じています。

 これからも、今まで続けてきたことを、しっかり続けていきたいと思います。

 


◆これから「ものづくり」の道に進もうとする方へ

 楽な道ではないと思います。

 「努力」「忍耐」「根気」がないと続かない、ただ続けていくと自然と創意工夫ができるようになります、そうなると、ものづくりは楽しいです。

 あきらめずに、やり遂げる根気が大事です。


◆◇ 作業風景及び作品 ◆◇

作業 作品1
作業風景                                                   作品(上生菓子)
作品2 作品3
作品(干菓子など) 作品(上生菓子、羊羹など)

 

連絡先

高知県 商工労働部 雇用労働政策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 労政担当 088-823-9763
能力開発担当 088-823-9765
就業支援担当 088-823-9766
雇用対策担当 088-823-9764
ファックス: 088-823-9277
メール: 151301@ken.pref.kochi.lg.jp