沿革

公開日 2009年04月01日

昭和 7年 明治41年に設立された土佐紙業組合製紙試験場が県に移管され、高知県商工課工業試験所となる
昭和16年 製紙部門が独立し、高知市旭町3丁目に高知県紙業試験場を設立
昭和34年 機械すき試験抄紙機設備竣工
昭和42年 本館竣工
技術部を分離、製紙科、加工科を設置
昭和57年 第二工場試験研究室を拡充整備
機械紙科、手すき紙科、加工科の三科体制とする
平成 3年 高知県紙業試験場整備構想を策定
平成 5年 新庁舎建設に着手
平成 7年 高知県紙業試験場を高知県立紙産業技術センターに改称して、いの町波川に移転
設備を拡充し、二部体制とする
平成19年 技術部門を、不織布・加工課、製紙技術課に改称する
平成27年 技術部門を、企画調整室、素材開発課、加工技術課に改称する

 

連絡先

高知県 商工労働部 紙産業技術センター
住所: 〒781-2128 高知県吾川郡いの町波川287番地4
電話: 088-892-2220
ファックス: 088-892-2209
メール: infokami@ken2.pref.kochi.lg.jp