令和元年IoT技術人材育成講座(土佐MBA)のご案内

公開日 2019年05月21日

令和元年IoT技術人材育成講座(土佐MBA専科)のご案内

 高知県では、土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)の専科として、IoT技術を活用したビジネスモデルの構築を行うことのできる人材の育成を図ることを目的に、「IoT技術人材育成講座」を開講いたします。IoTを導入する上で必要な要素技術やIoTを活用したビジネスモデル構築について、基礎から体系的に学ぶことのできる研修プログラムにしています。平成30年度とは異なる課題テーマを設定し、学習内容も大幅に刷新していますので、たくさんの方の応募をお待ちしています。 

※土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)・・・高知県主催の産業に関わる全ての方を対象としたビジネス研修です。

昨年度IoT技術人材育成講座について
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/152001/2018051500040.html
 

本講座は、厚生労働省の「人材開発支援助成金」が活用できる場合があります。
助成金の申請にあたっては、6月18日(火)までに、高知労働局へ訓練計画を提出する必要があります。
詳細は、厚生労働省ホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html
助成金についてご不明な点がございましたら、高知労働局訓練室(088-888-6600)へお問い合わせください。

IoT技術人材育成講座の概要

(1)サービス利用者向け講座

IoTを導入する上で必要な基礎知識やIoTを活用したビジネスモデル構築について、基礎から体系的に学ぶことのできる研修プログラムです。 

●スケジュール(開催時間は全て9:00から17:00)

●開催日程

7月18日(木):IoT基礎講座
7月31日(水)~8月1日(木):IoTサービスデザイン講座
9月3日(火)~4日(水):IoTビジネスモデルデザイン講座
10月9日(水)~10日(木):IoTアイデアソン/フィールドワーク
11月1日(金):IoTアイデアソン/フィールドワーク
11月28日(木):IoTビジネス企画
12月20日(金):プロジェクト審査会

●受講条件
システム開発の業務経験は問いませんが、基本的なOA操作(Windows、ブラウザ)ができる方。

●定 員 : 10名(先着順)

●費 用 : 1万円 (税込、教材費込) ※10日間・1名あたりの費用

(2)サービス開発者向け講座

IoTを導入する上で必要な要素技術やシステム構築について、基礎から体系的に学ぶことのできる研修プログラムです。

●スケジュール(開催時間は全て9:00から17:00)

●開催日程

7月18日(木):IoT基礎講座
8月20日(火)~8月22日(木):IoT/Pythonデータ分析講座
9月18日(水)~19日(木):サービス開発/セキュリティ講座
10月9日(水)~10日(木):IoTアイデアソン/フィールドワーク
11月1日(金):IoTアイデアソン/フィールドワーク
11月14日(木)~15日(金):IoTサービス開発(実践)
12月3日(火)~12月4日(水):IoTサービス開発(実践)
12月20日(金):プロジェクト審査会

●受講条件
 IoTサービスを開発するエンジニアの方。システム開発の経験がある方。
プログラミング経験は必須です。

●定 員 : 20名(先着順)

●費 用 : 2万円 (税込、教材費込) ※14日間・1名あたりの費用

(3) 会 場

高知県産学官民連携センター(ココプラ) 4階402号室
※場合によっては、変更となる可能性があります。

(4) 申込方法

 受講を希望される方は、申込書に必要事項を記入のうえ、メールもしく
 はFAXでお申し込みください。

IoT技術人材育成講座受講者募集リーフレット[PDF:564KB]
IoT技術人材育成講座申込書[PDF:150KB]

(5) 申込・問い合わせ先

〒780-8570
高知市丸ノ内1丁目2番20号
高知県商工労働部産業創造課 IoT推進室 担当:奈良、川村、田部

TEL:088-823-9751
FAX:088-823-9261
E-mail:kochi-iot@ken.pref.kochi.lg.jp

連絡先

高知県 商工労働部 産業創造課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 088-823-9643
メール: 152001@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード