新たな加工食品の原料原産地表示制度について(平成29年9月1日施行)

公開日 2018年03月01日

新たな加工食品の原料原産地表示制度について(平成29年9月1日施行)
 
 新たな加工食品の原料原産地表示制度を定めた食品表示基準の一部を改正する内閣府令(平成29年内閣府令第43号)が平成29年9月1日に公布・施行されました。
 これにより、国内で製造した全ての加工食品の重量割合上位1位の原材料に原料原産地表示が必要になりました。
 (改正前の食品表示基準により原料原産地表示が義務付けられていた加工食品は、改正前の表示方法に変更はありません。)

【経過措置期間】
 平成34年3月31日までは、包材切り替え等の猶予期間とされています。

【新たな原料原産地表示制度に関する情報】
 1 「全ての加工食品に原料原産地表示が必要になります」パンフレット(農林水産省)(PDF:958KB)
 2 食品表示基準一部改正のポイント(消費者庁)(PDF:768KB)
 3 新たな原料原産地表示制度に関するQ&A(消費者庁)(PDF:583KB)
 4 新しい原料原産地表示制度-事業者向け活用マニュアル-(農林水産省)(PDF:2,603KB)
    分割版1/2(第1章)(PDF:1,495KB)
    分割版2/2(第2章~第4章)(PDF:1,696KB)
 ※上記1、4は農林水産省ホームページに、2、3は消費者庁ホームページにリンクしています。リンク先にはその他の情報も掲載されています。

連絡先

高知県 農業振興部 地域農業推進課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎3階)
電話: 表示・市場担当 088-821-4541
集落営農担当 088-821-4807
複合経営拠点担当 088-821-4540
6次産業化担当 088-821-4537
ファックス: 088-873-5162
メール: 160201@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード