中央家畜保健衛生所

注目情報

  • 家畜伝染病予防法が一部改正になりました!  この度、平成23年10月1日付けで家畜伝染病予防法の一部が改正になりました。
     改正の背景として、近年、国内で高病原性鳥インフルエンザが各地で続発し、一方、昨年は宮崎県で口蹄疫が発生したことがあります。このような重大家畜伝染病が一旦発生すると、畜産業を含め社会経済に甚大な被害が生じることから、これらの発生を未然に防ぐとともに、発生しても早期通報と迅速な対応により被害を最小限にするため家畜防疫体制を一層強化する必要が生じました。
     このことを受けて、農林水産省は、これまでの家畜伝染病予防法の一部を改正し、現在、県は畜産農家のほか、市町村や関係団体などへの周知を進めています。
     詳細は、重要情報関連をご覧下さい。
  • 家畜の飼養衛生管理基準が厳格になりました!  今回、従来の家畜伝染病予報法の一部が改正されたことに伴い、同法で規定されている飼養衛生管理基準が厳格になりました。
     同基準は、家畜の生産現場で家畜伝染病の発生を予防するため、畜産農家の方々が率先して行うべき基準を定めたものです。
     改正では、先ず畜産農家の方々が日頃から伝染病を発生させない意識を堅持するとともに、その実践として畜舎などの消毒の徹底や、発生時の早期通報などが示されています。詳細は重要情報関連をご覧下さい。

業務内容

  1. 家畜衛生に関する思想の普及及び向上に関すること。
  2. 家畜の伝染病の予防に関すること。
  3. 家畜の繁殖障害の除去並びに人工授精及び受精卵移植の実施に関すること。
  4. 家畜の保健衛生上必要な試験及び検査に関すること。
  5. 寄生虫、骨軟症その他農林水産大臣の指定する病気の予防のためにする家畜の診断に関すること。
  6. 地方的特殊疾病の調査に関すること。
  7. 緊急を要する場合の家畜の診療に関すること。
  8. 家畜の健康検査の実施に関すること。
  9. 前各号に掲げるもののほか、家畜の保健衛生上必要なこと。
  10. 畜産振興上必要なこと。

連絡先

高知県 農業振興部 中央家畜保健衛生所
住所: 〒781-1102 高知県土佐市高岡町乙3229番地
電話: 088-852-7730
ファックス: 088-852-7733
メール: 160903@ken.pref.kochi.lg.jp