県道高知東インター線道路改築事業

公開日 2009年03月18日

1 事業の概要

 当路線は南国市稲生を起点とし、高知市介良とを南北に結ぶ延長L=1.7kmの道路で、高知東部自動車道の高知東IC(仮称)と国道32号を結ぶ唯一のアクセス道路である。
 高知東IC(仮称)の周辺には南国市役所、総合病院、大規模住宅団地(A=39ha)、なんごく流通団地(A=27ha)があり、非常に利用頻度の高い路線となる。当路線を整備することにより高知東部自動車道へのアクセスや流通団地からの物流強化に大きく寄与するものである。また、当路線周辺の介良・稲生地区等は、“98高知豪雨”時に甚大な浸水被害を受けて地区が孤立しており、自然災害発生時は重要な緊急支援道路となる。


2 現在の状況と今後の予定

 高知土木事務所が担当する高知市工区では、H20年度までの工事により路側構造物が完成した。残りは路面の側溝や舗装工事及び国道32号の交差点改良工事となっている。平成21年度の工事により国道32号から高知東IC(仮称)ランプ間の供用開始に向けた工事の進捗を図る。

 また、中央東土木事務所が担当する南国市工区では、稲生側へ道路工事を延伸するため埋文調査等を実施し、(仮称)稲生トンネルの工事着手に向けた準備を行う。


 (H20末進捗率:全体40.6%,うち用地100.0%)

県道高知東インター線パンフレット [PDFファイル/3.3MB]


連絡先

高知県 土木部 高知土木事務所
住所: 〒780-0814 高知県高知市稲荷町11番26号
電話: 088-882-8141
ファックス: 088-884-6154
メール: 170106@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード