高知港の紹介

公開日 2015年03月04日

高知港


概要


高知港は、日本の南西部、四国4県の一つである高知県の中央部、県庁所在地である高知市の沿岸部に位置します。高知県は山間部が大半を占め、主要都市は沿岸部にそって発展したため、古くから高知県の交通・通商の拠点としての役目を果たしてきた歴史のある港です。高知港では、太平洋に面した立地条件を活かし、高知県の産業経済の振興を図るとともに、国際物流、交流拠点を目指して新港の整備を進めています。1988年に着工した高知新港は、1998年に一部供用を開始し、コンテナ貨物取扱量は順調に伸びています。国際コンテナ定期航路は、韓国の釜山便が毎週2便就航しています。

 

 

施設


埠頭/バース:7埠頭、53岸壁
(うち高知新港)
・-12m岸壁(L=240m)
・-8m岸壁(L=240m)
・-8m岸壁(L=250m)
・-14m(暫定-12m、
L=280m)
・-11m岸壁(耐震、L=190m)

岸壁総延長:約10,500m
ヤード面積:浦戸湾内:約15ha
高知新港:約8.0ha(延長:約590m、奥行:135m)
倉庫:浦戸湾内:0.9ha
高知新港
普通倉庫棟 約4,000m2、上屋棟 約3,000m2、
冷蔵倉庫棟 約5,000m2
荷役機械:高知新港
ガントリークレーン1基(30.5t吊)、リーチスタッカ2台
シップローダ1基、冷凍コンセント60口

 
貨物 


年間貨物取扱量:465万トン(2013年)
コンテナ貨物:11,445TEU(2014年)
主な貨物:石灰石、石油製品、石炭、紙・パルプ、農業用資材
 

体制


管理機関:高知県
荷役体制:民間の港運会社が荷役作業を請け負っています。

 

高知港1

高知港2

高知港3

 

連絡先

高知県 土木部 港湾振興課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 総務担当 088-823-9882
ポートセールス第一担当(貨物・高知新港振興プラン) 088-823-9888
ポートセールス第二担当(客船対応・企業誘致) 088-823-9890
ファックス: 088-823-9657
メール: 175201@ken.pref.kochi.lg.jp