24年度の事業(青少年育成)

公開日 2013年01月26日

中一学級づくり合宿事業

 中学入学後の早い時期に合宿を行うことで、中学生としての心構えを持つことや、仲間づくり、先生と生徒との信頼関係づくりを通して、組織としてまとまりのある学級づくりを行い、中一ギャップの解消を図ろうとする事業です。

平成24年度実績:13校(日帰り2校を含む)
活動内容:心の冒険教育(PA系)、三宝山登山(自然観察)、バードカービング、感動塾、野外炊飯、ワークショップ、ステップアップ運動など

         

 

野外活動体験事業

 

「のいちこども村(小学4年から6年対象)」平成24年8月21日(火曜日)から23日(木曜日)まで

 2泊3日の日程で、異年齢集団の中で仲間づくりを行うことでコミュニケーション力を育むとともに、協力・信頼・自主性をキーワードにした野外活動をすることで責任感を養い、仲間と協力しながら最後までやり遂げることを主眼に置き実施しました。

活動内容:のいちヶ原決戦、野外炊飯、キャンプファイヤー、のいちフィールドフォト探検など

   

 

「のいちこども村(小学1年から3年対象)」平成24年9月15日(土曜日)から16日(日曜日)まで

 

   1泊2日の日程で、同年代の友達や大学生達と触れ合いながら、生活体験的な活動や昔遊びを体験することで、普段の生活では味わえない感動を得ることをめざしました。 
 活動の様子がテレビ高知の「がんばれ高知!!eco応援団」で放送されました(10月21日)。

活動内容:塩谷海岸磯観察、野外炊飯、ものづくり、洗濯板体験、昔遊び

 

 

「化石探検隊(1) 新生代の化石編」平成24年10月13日(土曜日)から14日(日曜日)まで

 

    1泊2日の日程で、地球の生い立ちについて詳しく学習するため、「化石」をキーワードにして実施しました。化石採集を行い、その化石を調べることで、古生物についての知識を深めました。また、宿泊、野外炊飯などの活動を通して、同じ興味を持つ友だちとの輪を広げました。

参加対象:小学4年から6年まで
活動内容:化石採集(安田町唐浜)、化石クリーニング・名前調べ・標本作り)、野外炊飯など

  

                                                                                                                                                           

 

 

「ジオパーク探検隊」平成24年10月27日(土曜日)から28日(日曜日)まで 

 

    国立室戸青少年自然の家との共催事業です。1泊2日の日程で、世界認定されたジオパークや室戸の自然に触れ合う機会を設け、岩石や地層に記録された地球の営みを学習しました。

参加対象:小学4年から6年まで、一般(ジオパーク見学のみ)
活動内容:室戸ジオパーク見学、ジオパーク実験、野外炊飯など

   

 

「化石探検隊(2) 中生代の化石編」 平成24年11月3日(土曜日)から4日(日曜日)まで

 

  1泊2日の日程で、佐川地質館の見学、川内ヶ谷での化石採集を行い、2億年前の化石について学習しました。採取した貝化石(モノチス)のクリーニングを行い、その時代の古生物について知識を深めました。宿泊、野外炊飯などの活動を通して、同じ興味を持つ友だちの輪を広げました。

参加対象:小学4年から6年まで
活動内容:佐川地質館見学、化石採集、野外炊飯、化石クリーニング

        

 

「ジオ化石博士になろう」平成24年11月23日(金曜日)から25日(日曜日)まで

 

 国立室戸青少年自然の家との共催事業です。2泊3日の日程で、室戸ジオパークと安田町唐浜の化石を教材に実施しました。室戸の岩石や地層に記録された地球の歴史を探り、加えて、化石採集という体験的な学習を行う中で、地球、自然への興味関心を深めることをめざしました。最終日は検定を行い、「ジオ化石博士」の認定証を授与しました。
 活動の様子がテレビ高知の「がんばれ高知!!eco応援団」で放送されました(12月16日)。

参加対象:小学4年から6年まで
活動の様子
(1日目)ジオパーク見学、マグマの実験、化石夜話

  

(2日目)唐浜での化石採集、伊尾木洞見学、化石展示コーナー見学、野外炊飯

   

(3日目)化石クリーニング・名前調べ・標本作り、検定、認定証授与

  

 

企業訪問・産業学習事業

 

「野菜ウォッチャー隊」 平成24年7月31日(火曜日)

  今年度は、「高知の野菜」に注目し、生産や販売にかかわっている人々の働きについて学び、「見て、聞いて、体験」して自分達の生活とのかかわりを実感することを目的として実施しました。

参加対象:小学3年から6年まで

内容:高知大学農学部で高知の野菜について講義を受け、学内施設を見学しました。次に、雨森農園で生産農家の栽培などのお話を聞き、泡栽培の見学やトマトの収穫体験をしました。最後に、JA高知春野直販所でしょうがをパッケージして箱詰めする作業や販売の様子を見学し、流通の仕組みを学びました。

   

 

「高知の技術力」 平成24年8月3日(金曜日)

 

 さまざまな分野の業種を見学・体験することで、仕事をする意義や素晴らしさを知り、興味・関心の幅を広げることを目的として実施しました。
 高知県の製造業をリードする企業を訪問し、ものづくりの大変さや面白さを感じ、最先端の技術を「見て、聞いて、体験」しました。

参加対象:小学4年から6年まで
訪問企業:「株式会社 技研製作所」 「株式会社 太陽」 「山本貴金属地金 株式会社」

       

 

自然科学・ものづくり事業

 

「観測ロケットってなんだろう?」 平成24年6月16日(土曜日)

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)の観測ロケット打ち上げなど宇宙開発研究の第一線で活躍されている高知工科大学の山本真行准教授を講師に招き、観測ロケットや宇宙ステーションの話を聞きました。また、同准教授顧問のスペースラボ部の生徒による星座クイズを行いました。子どもたちは、准教授の話や映像、ゲームを通じて、観測ロケットや星座に関する知識を深めました。

             

 

「天体の不思議を知ろう!」 平成24年10月6日(土曜日)

 

 高知工科大学スペースラボ部、高知大学星の会で活動している学生を講師に、手作りプラネタリウム見学、星座クイズ、星座工作を行い、天体の不思議さを感じ、天体に対する興味、関心を深めることができました。

                            

 

「模型飛行機を飛ばそう!」 平成24年11月17日(土曜日)

 高知東工業高校の垣内和彦教諭を講師に招き、設計図からゴム動力の模型飛行機を作る作業をし、実際に飛ばしました。うまく飛ばすには翼の位置が大事なことを学びました。そして、工作作業と飛ばすことを通じて、飛行機の構造を理解し、集中力を高め、作る楽しさや完成させた達成感を味わうことができました。

                                        

 

 

クラスまるごとお出かけ授業【化石編】

 

 「クラスまるごとお出かけ授業」は、教室の中で学習するだけでなく、校外での体験的な活動を加えることで、学習内容をより深く理解し、さらに興味関心の幅を広げることをめざしています。この事業は、学校ではできない体験的な学習をサポートします。
 
 「化石編」では、小学校6年の理科の「土地のつくり」という単元で地層や化石について学ぶことに着目し、青少年センターが蓄積してきたノウハウや収集している化石資料を活かし、化石採集、化石クリーニング、名前調べ、標本作りを行います。

平成24年度実績:4校5学級

           

 

クラスまるごとお出かけ授業【昔のくらし編】

 

  小学3年の社会科で「地域の古い道具、文化財や年中行事」「地域の発展に尽くした先人の具体的事例」について学習する単元に着目し、学級担任のみでの対応は難しいとのアンケート結果も踏まえ、青少年センターで昔の道具を使う体験をする場を設けました。
  活動内容としては、昔の道具に実際に触れたり、七輪体験で昼食を作ったりするほか、洗濯板体験、野中兼山の遺構(三又)見学、歴史探訪などがあります。
 昔の人々の暮らしを体験することで、今の生活との違いや変化、昔の人の生活の工夫や知恵を肌で感じることができます。

平成24年度実施予定:13校(17学級)

  

 

連絡先

高知県 教育委員会 青少年センター
住所: 〒781-5232 高知県香南市野市町西野303番1号
電話: 0887-56-0621
ファックス: 0887-56-0622
メール: 310405@ken.pref.kochi.lg.jp