高知県「緑の分権改革」推進事業について

公開日 2011年04月04日

高知県「緑の分権改革」推進事業報告書

「緑の分権改革」とは

 地域主権型社会を確立するためには、行財政制度のみならず、エネルギーや食料の供給構造をはじめとした個々人の生活や地域の経済等における地域主権を目指すことが求められています。
 そのため、それぞれの地域資源(豊かな自然環境、再生可能なクリーンエネルギー、安全で豊富な食料、歴史文化資産、志のある資金)を最大限活用する仕組を地方公共団体と市民、NPO等の協働・連携により創り上げ、地域の活性化、絆の再生を図ることにより、地域から人材、資金が流出する中央集権型の社会構造を分散自立・地産地消・低炭素型に転換し、「地域の自給力と創富力(富を生み出す力)を高める地域主権型社会」の構築を実現しようとするものです。

 

報告書

 

 本県では国の「緑の分権改革」推進事業を受託し、安芸広域、物部川流域、仁淀川流域の3地域の市町村と高知県で、太陽光やバイオマス、小水力の活用など幅広い調査を実施しました。

 公営企業局では、再生可能エネルギーの導入拡大を進める方法の検討や、太陽光発電、小水力発電の利用可能量等の調査を行い、次のとおり報告書をまとめました。


報告書[PDFファイル/9.14MB]
報告書(概要版)[PDFファイル/2.1MB]
パンフレット1[PDFファイル/753KB]
パンフレット2[PDFファイル/551KB]

連絡先

高知県 公営企業局 電気工水課
住所: 〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1丁目7番52号(西庁舎7階)
電話: 088-821-4622
ファックス: 088-821-4626
メール: 610301@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード