トップページ > 移住者インタビュー > 地元に愛されるこの味を守り続けたい。

地元に愛されるこの味を守り続けたい。

竹中 栄嗣さん
佳生子さん ご夫妻
  • 出身地:四万十市
  • 現住所:須崎市
  • 移住年:2004年

高知に移住したきっかけと経緯

中村(現:四万十市)生まれの土佐清水育ちです。その後、高知を出て、神奈川県の地ビール会社に就職しました。将来は、独立して地ビールの会社を立ち上げようと考えていましたが、同じ職場で働く須崎市出身の妻との結婚を機に、須崎市へJターンしました。現在は、妻の実家の丸共味噌醤油醸造場の4代目として働いています。

実際、高知に移住してみて思うこと

都会に比べて、時間がゆっくり流れていると感じます。近くには海も山もあり、自然を身近に感じて生活できるので、子育てするには最適な環境だと思います。

やってみてよかったと思うこと

10年ちかく神奈川で生活し、高知のこと、また、須崎のことは全然分からなかったので、地元の商工会等で開催されるセミナーなどに積極的に参加しました。そのおかげで、地元の方と知り合えることができ、今は、商工会の一員として、新商品の開発などに取り組んでいます。

これからについて(どういう風に暮らしていきたいか)

丸共はお客さんの味。いつまでも地元に愛されるこの味を守り続けていきたいです。また、漁業のまちの地元須崎で採れた魚と、丸共の醤油をセットにして、県外の方にも広めていきたいですね。

移住検討者へのメッセージ

1128160447田舎では、どんどん外に出て、自ら積極的に行動できる人、新しいことを作りだせる人でないと生活するのは難しいと思います。自分から飛び込んだら、必ず受入れてくれる人はいます。その土地にとどまる、強い思いを持って移住していただきたいです。

丸共味噌醤油醸場
http://jozojo.com/

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。
そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課
一般社団法人高知県移住促進・人材確保センター

【高知・相談窓口】

平日 9:00 ~ 18:30
住所:〒780-0870 高知県高知市本町4丁目1-32 こうち勤労センター5階 地図を見る
TEL:088-823-9336/FAX:088-855-7764

土日祝 8:30 ~ 17:15
JR 高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

E-MAIL(全共通):iju@iju-jinzai.kochi.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【東京・相談窓口】

【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ
まるごと高知 地下1階
月のみ 11:00 ~ 19:30
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417

※いずれも事前予約制
詳細はこちら

【大阪・相談窓口】

【月~金】高知県大阪事務所内
月~金 9:00~17:00
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-6-8
センバセントラルビル1階

TEL:090-6887-9774

【毎月 第4金・土曜日】
大阪ふるさと暮らし情報センター
毎月 第4金・土曜日 11:00~17:00
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31
シティプラザ大阪1F

TEL:088-823-9336

※いずれも事前予約制
詳細はこちら

高知家ホームパーティ
(移住相談会情報)

直接会ってお話をしたい方は各種相談会・フェアなどにご参加ください。
こちらでは、移住関係の各種相談会・フェアなどの年間スケジュールを掲載しています。地方移住をご検討の方はぜひご参加ください。

高知家ホームパーティ(移住相談会情報)