トップページ > 移住者インタビュー > 生徒たちの笑顔が元気の源!

生徒たちの笑顔が元気の源!

堀井 凡児さん
  • 出身地:東京都
  • 現住所:四万十市
  • 移住年:2014年
  • 職業:英語教師

082-minQ.移住のきっかけを教えてください。

渋谷生まれ、世田谷育ち。子どもの頃の遊び場は新宿、という環境で今まで暮らしてきました。今でこそ高層ビルが建ち並び大都会となった新宿周辺ですが、自分が子どもの頃は、近くに小川があり、フナ釣りやザリガニ釣りが楽しめるような環境がありました。
いずれは、あくせく働くことなく、趣味の釣りを楽しみながらのんびり暮らしたいと思っており、観光を兼ねていろんな地域を訪れていました。その中で、四万十川の美しさに感銘を受け、高知への移住を決意しました。

Q.実際に移住するまでどのような準備をされましたか?

釣り住するまで、3年~4年の検討期間がありました。その間、気になる地域には足を運び、暮らし目線でじっくり地域を調べました。
当時勤めていた高校では、同僚や校長先生に移住を考えていることを伝え、家族にも相談をしました。また実際に、趣味の釣りも兼ねて、毎年高知を訪れるうち、四万十川の近くで暮らしたい気持ちが年々高まり、勤めていた高校を早期退職することを決意し、四万十市に移り住みました。

Q.元々は高校の先生とのことですが、なぜ、中学校の先生に?

教室風景教師になってから31年間、ずっと高校生を教えてきました。高校生を見ていて、常々、『もっと早く学んでいれば、高校で楽なのに…』と思っていて、高校に入学する前にどんな学習をしているのか疑問に思うようになったんです。
それがきっかけで、中学生に教えることに興味をもちました。高校生と同じ教え方ではいけないので、指導方法には四苦八苦していますが、英語はいかに“話せるようになるか”がとても大事。フォニックスを活用して、日々子どもたちと向き合っています。

Q.仕事と家はどうやって見つけられましたか?

校舎移住地は四万十川流域と決めていたので、家は不動産業者を介して、四万十市内で決めました。東京で住んでいた頃より、家賃は安くなり、部屋も広くなりました。職場は、住まいから通える範囲で探していたので、高知県の教育委員会に県西部地域の学校への赴任希望を出していました。そこで紹介された学校が大月中学校でした。

これまで高知に何度か来ていたといっても、大月町は一度も訪れたことがなく、地名もはじめて聞くところでした。赴任先が決まってから、町の場所や学校周辺の環境についてインターネットで調べ、準備をしていきました。東京の頃より、通勤時間は長くなり、学校まで車で50分くらいかかりますが、ほとんど信号にかからずスムーズに走れるので、通勤ストレスはないですね。

Q.移住後に大変だったことや苦労されたことはありましたか?

先生

移住した最初の1年は、ホームシックになりました。
人生初の一人暮らしを始めたこともあって、家事の大変さも感じましたね。
でも、そんな寂しい思いや大変さを感じた時、力をくれたのは子ども達の笑顔と先生達のあたたかさでした。日々、子ども達の笑顔から元気をもらい、右も左も分からない状態の私をあたたかく迎えてくれた大月中学校の先生達にどれだけ勇気づけられたか分かりません。

 

Q.東京と大月町の学生や日々の暮らしに違いはありますか?

DSC_0030-min子ども達に大きな違いはありません。学力差もないですね。
ただ、東京の場合は、学生に商品価値をつけたビジネスが身近にあるので、子ども達が誤った方向へ進まないように指導する機会が多かったです。
反対に、大月の子達は自然の遊び場の中でのびのびと育ち、素直な子が多いと感じます。また、この辺りの子ども達は小学校からずっと皆一緒に進級してきているので、仲もよく、みんな家族みたいな印象を受けます。

他には、高知は飲み会の頻度が高いです。中でも献杯・返杯には驚きました。あと、飲み会で全員が集まるのを待たないことも驚いたことの一つですね。気兼ねしなくていい文化だなと思っています。また、今でも交流がある移住前に利用していた民宿のご夫婦は、いつも採れたての蜂蜜やお米などを分けてくださるので、自分からは獲れたての魚をお返ししたりしています。こういった、あたたかい交流も高知の良いところですね。

野球-min -今後の抱負を教えてください。

顧問をしている野球部が県総体出場の切符を掴み取ってもらいたいですね。
プライベートでは、鮎釣りに行きたいと思っています。去年は忙しくて行けていないので、今年は必ず!

 

-最後に、高知で先生を目指される方へ一言お願いします。

“情熱”をもっていれば、子ども達も地域の方々もあたたかく迎えてくれます。
何か心配事があれば、いつでも相談にのりますよ!

★高知県では小・中学校の先生を募集中です。
教職員募集状況については、こちらをご覧ください。

★高知県では公立学校の臨時教員等を募集中です。
臨時教員等募集要項については、こちらをご覧ください。

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。
そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課
一般社団法人高知県移住促進・人材確保センター

【高知・相談窓口】

平日 9:00 ~ 18:30
住所:〒780-0870 高知県高知市本町4丁目1-32 こうち勤労センター5階 地図を見る
TEL:088-823-9336/FAX:088-855-7764

土日祝 8:30 ~ 17:15
JR 高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

E-MAIL(全共通):iju@iju-jinzai.kochi.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【東京・相談窓口】

【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ
まるごと高知 地下1階
月のみ 11:00 ~ 19:30
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417

※いずれも事前予約制
詳細はこちら

【大阪・出張相談窓口】

大阪ふるさと暮らし情報センター
シティプラザ大阪 1階
毎月第4金・土曜日
11:00 ~ 17:00
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪 1階

ご予約・お問合先
TEL:088-823-9336

※事前予約制
詳細はこちら

高知家ホームパーティ
(移住相談会情報)

直接会ってお話をしたい方は各種相談会・フェアなどにご参加ください。
こちらでは、移住関係の各種相談会・フェアなどの年間スケジュールを掲載しています。地方移住をご検討の方はぜひご参加ください。

高知家ホームパーティ(移住相談会情報)

県外での相談対応窓口

スカイプ面談も!

ご自宅からもご利用いただけるように
なりました!

◇スカイプ面談予約受付時間
平日(月~金/土日祝日を除く)8:30~17:15
◇スカイプ面談ご利用時間
平日、土日祝日 8:30~17:15

【お問い合わせ】
移住・交流コンシェルジュ
TEL:088-823-9336
県外事務所(東京・大阪・名古屋)、高知県アンテナショップまるごと高知でも承ります。