トップページ > 仕事を探す > 漁業がしたい

漁業がしたい

漁業は自然を相手に、自分の力で道を切り開いていく、「おか」では味わえない達成感を得られるすばらしい職業です。
最近では、海好き、釣り好きが高じて漁師になる方や、都会の喧噪から離れて自然と対峙したいという理由で漁師になる方もおられます。

高知県の漁業事情

黒潮が育む豊かな水産資源。
713キロメートルの長い海岸線を有する高知県は、豊かな水産資源に恵まれています。平成18年の総生産量は約10万トン、生産額は444億円です、このうち伝統のカツオ・マグロ漁業は、146億円で、全体の33%を占めています。

遠洋マグロ漁業は、主に南太平洋海域で操業しており、近海カツオ漁業は、2月初めにフィリピン近海からスタートし、10月には三陸沖まで、カツオの北上に合わせて操業しています。

沿岸・沖合域では、釣り・はえ縄をはじめ、定置網やまき網など多種多様な漁業が営まれており、キンメダイ・清水サバなど、新鮮な魚介類を食卓に提供しています。

また、ソウダガツオを原料にした宗田節や、イワシシラスを原料にしたチリメンジャコなど、その土地ならではの水産加工業が営まれています。一方、四万十川に代表される高知県の河川は、アユ、アマゴ釣りなどに多くの人々が訪れ、自然と触れ合う場となっています。

就漁までの流れ

就漁までには、一定の流れに沿って、計画的に行動することをおすすめします。
途中段階で迷ったり、後戻りのないよう、あらかじめ全体の流れを把握しておいてください。

その1 情報収集・漁業協同組合で相談

漁業に就業するための情報収集や相談(希望漁種、場所など)、漁業就業支援講習「漁業セミナー」(漁師さんからの体験談、支援制度の説明など)の受講について受け付けています。
漁業協同組合からの説明をうけたうえで申込をする。
全国漁業就業者確保育成センターでは、新しく漁業を始めたい方や漁師になりたい方のために漁師の担い手募集イベント「漁業就業支援フェア」などを開催しています。

※漁業に就業するには、ご家族の同意・協力が必要です。

高知県漁業就業者確保育成センター(高知県 水産振興部 漁業振興課内)

TEL.088-821-4829
http://www.pref.kochi.lg.jp/~chiiki/iju/shigoto/pdf/gyogyou.pdf

その2 技術習得研修(短期(7日以内)~長期(2年以内))

まずは自分が漁師に向いているかどうか、地元の漁師さんを指導者とした漁業体験研修を受講。長期研修では漁師の技術を習得します(生活・技術習得などの支援策があります。)
※詳細は下記「新規就業者支援事業」を参照

  • 操業技術、漁労技術、操船技術、無線技術など
  • 漁具等の製作補修など

その3 独立準備

  • 船舶免許などの資格取得
  • 漁業協同組合への加入
  • 資金調達
  • 許可の必要な漁業を行う場合には、漁業許可の取得
  • 漁船、漁具の習得

新規就業者支援事業

漁業体験研修支援事業(短期研修)

高知県内の漁村地域で3日以上7日以下の日程で実際の漁業を体験できます。
研修にかかる費用の一部を補助します。

内容

  • 県内の漁村地域に滞在し、漁業を実際に体験します。
    体験漁業の内容例:一本釣・定置網・かご漁・ロープワーク・漁具制作修理など)
  • 研修期間は、3日以上7日以下です。
  • 宿泊料金 1日5,000円まで(こちらで用意した宿泊施設を利用)

対象者

  • 研修の参加時点で満14歳以上の方
  • 研修を開催する漁村集落の居住者でない方(当該漁村集落の出身者で地域外に居住している方は対象となります)
  • 漁業者でない方

新規漁業就業者支援事業(長期研修)

地元のベテラン漁師さんを指導者として、技術習得を最長1年間行うことができます。(指導を行っていただく漁師さんに対して、報償費を負担します。)

内容

  • 研修期間は、2年間(状況により1年延長が可能)
  • 研修期間中の損害保険料を補助
  • 生活費として、研修中は1カ月あたり最高15万円を支援します。
    研修中もしくは研修終了後3年以内に、研修地域で漁業を辞めると今まで受けた生活支援金を全額返金しなければなりません。
    ※研修開始後3カ月以内に適性審査を行いますが、この時点で研修を中止した場合、生活支援の返還はありません。

対象者

  • 漁業者でない方
  • 新たに自営の沿岸漁船漁業に就業を希望される原則 65 歳未満の方
  • 沿岸漁船漁業で自営(共同経営・養殖生産者共同体を含む)の漁師を目指す方
  • 新規漁業者就業者支援事業の審査会で計画が適当であると認められた方

※詳細やお申込み方法に関してはこちらをご覧ください。

新規漁業就業者漁船リース事業

漁協が対象者とリース契約を締結することを前提に、中古船を取得及び整備する費用の一部を補助します。

対象者

  • 新規漁業就業者支援事業の研修修了(研修の修了の日から1年以内となる者に限る) または修了予定の方
  • 漁船リース事業の審査会で計画が適当であると認められた方

補助対象経費

上限は 750万円(県 1/3 以内、市町村任意)本人負担のうち 20%以上は自己資金、80%以下は近代化資金等の融資の利用可能

高知県漁業振興課 〒780-0850 高知市丸ノ内1丁目7-52 高知県西庁舎6階

TEL:088-821-4829
FAX:088-820-4528
E-MAIL:040401@ken.pref.kochi.lg.jp
http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/040401/

高知県で漁業に従事する方々のインタビュー



まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください。

「どんな仕事がありますか?」「農林漁業の研修制度について知りたい」 「起業したいがどんな支援制度がありますか?」など、仕事探しに関してわからないことやお悩みがありましたら、移住・交流コンシェルジュまで気軽にご相談ください!

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課 移住・交流コンシェルジュ

【高知・相談窓口】

平日 8:30 ~ 17:15
住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2-20 高知県庁 3階
TEL:088-823-9336/FAX:088-823-9258

土日祝 8:30 ~ 17:15
高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

【東京・相談窓口】
【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ「まるごと高知」地下1階
月のみ 11:00 ~ 19:30
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417
※事前予約制 詳細はこちら

【大阪・出張相談窓口】
大阪ふるさと暮らし情報センター シティプラザ大阪 1階
毎月第4金・土曜日 11:00 ~ 17:00
住所:〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪 1階
ご予約・お問合先
TEL:088-823-9336
※事前予約制 詳細はこちら

E-MAIL(共通):iju@ken3.pref.kochi.lg.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【その他の相談窓口】

◇ 東京事務所 TEL: 03-3501-5541
◇ 大阪事務所 TEL: 06-6244-4351
◇ 名古屋事務所 TEL: 052-251-0540

移住・交流コンシェルジュについて

高知で暮らし隊 会員大募集 あなたのUJIターンを全力でサポートする7つの入会特典付き会員登録キャンペーン実施中。入会登録はこちらから!

  • まずはご相談を。移住コンシェルジュ
  • 高知家ホームパーティ(移住相談会情報)
  • 高知家で暮らす。メールマガジン配信中!ご登録はこちらから