トップページ > 市町村情報 > 市町村紹介 > 土佐市

土佐市

奇跡の清流と太平洋が広がる自然と文化が息づくまち

土佐市は、高知県の中核市である高知市に隣接し、「仁淀ブルー」と呼称されるほど美しい水質日本一の清流仁淀川の下流部に位置しています。

交通面に関しては、高速道路のインターチェンジが市内中心部に有り、また近年においては国道56号線の整備も着々と進んでいます。また、土佐市独自の公共交通である「ドラゴンバス」が、市内一円から近隣の「JR伊野駅」まで最大300円(小人100円)で運行されており、市内外を問わずどこに行くにも便利な環境が整っています。

産業では、清流仁淀川の水を活かした製紙業や、温暖な気候、肥沃な土壌を活かした土佐文旦、ユリ、しょうが等に代表される様々な農作物が作れる環境にあり、露地栽培、ハウス栽培等大変盛んに行われております。

また漁業では、太平洋に面した宇佐漁港があり、近年メディアでもよく取り上げられている宇佐のウルメイワシを代表に、土佐節発祥の地として名高い鰹節等、水産加工品の生産も有名です。

土佐市の概要

人口 27,038人(総務省統計局 平成27年国勢調査より)
面積 91.49km2
学校環境 保育園・幼稚園:13
小学校:9
中学校:3
高等学校:3
大学・各種専門学校:1
(平成29年現在)
医療環境 診療所:16
一般病院:3
救急病院:1
小児科:3
産科:0
歯科:12
眼科:4
耳鼻科:2
(平成29年現在)
情報通信環境 光(ほぼ全域)

支援制度

● 就業支援
◆農業
■新規就農推進事業
○対象者:概ね50歳以下の新規就農希望者
○研修期間:概ね1年以上2年以内
○研修場所:土佐市内の受入農家
○研修助成金:最大15万円/月(研修タイプによる)
※品目については受入農家の登録状況によります。
●お問い合わせ先:
《農林業振興課》 TEL:088-852-7656

■青年就農給付金
○対象者:就農時の年齢が45歳未満で、農業経営者になることに強い意欲を有する者(就農5年以内)
○給付期間:最長5年間
○給付額:最大150万円/年(所得に応じて変動)
●お問い合わせ先:
《農林業振興課》 TEL:088-852-7656

◆起業
■空き店舗対策事業
○対象店舗:
商店街等において空き店舗を活用して小売業、飲食業又はサービス業を行なう出店者又は商工団体等であって、商工会が実施する経営指導を受入れるもの。
○補助の種類:
(1)店舗改装費
○補助率:補助対象費の2分の1以内
○補助限度額:下限10万円~上限100万円まで
(2)家賃及び土地使用料補助
○補助率:不動産賃貸借契約書に記載された対象店舗の月々の家賃及び土地使用料合計額の2分の1
○補助限度額:上限30万円(6ヶ月)
●お問い合わせ先:
《未来づくり課商工観光班》 TEL:088-852-7679


● 医療支援
■子ども医療費助成制度
保険診療分の自己負担分を助成
○対象者及び助成内容
小学校就学前(6歳に達した年の年度末まで):全額助成
小学校就学後~中学校3年生の年の年度末まで:
・市民税非課税世帯・・・全額助成
・市民税課税世帯・・・
    1、2子世帯・・・・・世帯1ヶ月の自己負担合計額の3千円を超えた額
    3子以上世帯・・・・・全額助成
(対象者が2人以上はその合計額)

■子供医療費助成制度(H29/10/1~変更)
保険診療分の自己負担分を助成
○対象者及び助成内容
小学校6年生の年の年度末まで:全額助成
中学校入学後~中学校3年生の年の年度末まで:
・市民税非課税世帯・・・全額助成
・市民税課税世帯・・・
    1、2子世帯・・・・・世帯1ヶ月の自己負担合計額の3千円を超えた額
    3子以上世帯・・・・・全額助成
(対象者が2人以上はその合計額)
●お問い合わせ先:
《健康づくり課健康づくり班》 TEL:088-852-1113

■新生児の聴覚検査
・検査対象者:出生時及び検査を受けた日に母親の住民票が、土佐市にあり、平成28年5月1日以降に出生した新生児
・検査機関:高知県内の分娩を取り扱う産科医療機関
●お問い合わせ先:
《健康づくり課健康づくり班》 TEL:088-852-1113

■不妊治療費助成事業
人工授精に要する費用の助成をしています。
○対象者:産科、婦人科、産婦人科を標榜する医療機関において不妊症を診断され、その治療を受けた者で、次の要件をすべて満たす者
(1)夫婦またはいずれか一方が土佐市に住所を有し、かつ、居住している
(2)夫及び妻の前年の所得の合計額が730万未満
(3)市税等の滞納がない
(4)他の自治体において同一の助成を受けていないもの(高知県の助成を除く)
○助成金額:年度ごとに、自己負担金に対して3万円を限度に助成
特定不妊治療に要する費用の助成
○対象者:上記(1)~(4)のいずれも該当し、高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業実施要綱に基づく助成を受けている者
○助成金額:対象となる費用のうち県からの助成額を控除した額の2分の1で上限10万円
●お問い合わせ先:
《健康づくり課健康づくり班》 TEL:088-852-1113


● 子育て支援
■土佐市保育所保護者負担金(保育料)軽減実施
保育所入所において、同一世帯に属する満18歳未満の児童を扶養している世帯で、第2子以降の子が保育所に入所した場合に、その保育料を第2子半額、第3子以降無料とすることにより、子育て世帯における経済負担軽減策を実施している。
●お問い合わせ先:
《幼保支援課》 TEL:088-852-7653

■認可外保育施設保育料等補助金
同一世帯に属する満18歳未満の児童を扶養している世帯にあって、第3子以降3歳未満児が届出認可外保育施設に入所した場合に、対象児童に係る保育経費を補助(月額5万円を上限)することにより、子育てに係る経済的負担を減らすとともに、仕事を続けながら安心して子供を産み育てることができるよう支援を行っている。
●お問い合わせ先:
《幼保支援課》 TEL:088-852-7653

■放課後児童クラブ
保護者が労働等によって昼間家にいない児童に対し、放課後等に小学校の余裕教室等を利用して、遊び及び生活の場を提供し、子どもたちの健全育成を図る。
○対象:保護者が労働等によって昼間家庭にいない児童
○内容:生活の場
○実施場所:小学校内専用教室・専用施設
○人数:上限有り
○利用料:月額5,000円~6,000円(※夏休み等は加算がある場合もあります。)
●お問い合わせ先:
《生涯学習課》 TEL:088-852-7696

● 住宅支援
■土佐市空き家バンク制度
市内の空き家情報の提供、案内を行っています。
空き家情報はこちら

■土佐市U・Iターン希望者住宅改修事業費補助金
○対象者:以下のいずれかの要件に該当する方
(1)土佐市に住所を有していない方で、県外に5年以上居住している方
(2)土佐市に住所を有して1年を経過しない方で、それ以前は県外に5年以上居住していた方
(3)(1)、(2)の方に住宅の提供をする住宅所有者
(4)移住促進を目的に住宅の所有者から住宅を借り受ける地域自主組織等の非営利団体及びNPO法人並びに営利を目的とせず、移住及び定住を促進している団体
※住宅の所有者と住宅に居住しようとする方に相続関係が発生する場合は対象としない。
○補助対象経費:空き家の改修、空き家の荷物の整理、運搬及び処分に要する経費
○補助金額:50万円以内:10分の10(1,000円未満の端数は切り捨て)
○補助限度額:50万円

■土佐市子育て世帯U・Iターン希望者移住支援補助金
○対象者:平成28年4月1日以降に県外から土佐市に移住する方で、中学生以下の子どもを扶養し、現に同居している世帯又は妊娠中で、かつ母子手帳の交付を受けている世帯の方
○補助対象経費:①賃貸住宅契約時の初期費用及びリフォームにかかる費用
②住宅購入に係わる初期経費
③引っ越し費用
○補助率及び限度額:①補助率3/4以内、限度額15万円
②補助率10/10以内、限度額20万円
③補助率3/4以内、限度額15万円
(注)上記の3項目の中から最大2項目が補助対象となる。3項目以上の補助金交付はできないものとする。

■土佐市住宅改修・耐震化等緊急支援事業
住宅の改修工事等を行う場合にその費用の20%(上限20万円)を補助します。なお、この事業は住宅の耐震性に寄与する簡易な改修工事費用への補助となりますが、耐震診断は不要です。
○対象者:市内に住民登録をし、1年以上居住している方で、市税の滞納がない方(対象住宅の所有者及び居住者の同一世帯に属する全員)
○対象住宅:申請者または、申請者の親・子が所有する住宅で、現に居住し、市税務課家屋台帳に登録されて5年以上が経過した住宅
○注意事項:
・補助金の交付決定を受ける前に工事を開始及び終了している場合は、対象となりません。
・増築については、建築基準法による県の許可が必用です。
・補助金の交付は当該住宅につき1度限りです。
○補助金額:工事費30万円以上に対し20%(上限20万円まで)
○工事内容:対象となる工事の詳細については、都市環境課までご相談を!
●お問い合わせ先:
《都市環境課都市計画住宅班》 TEL:088-852-7689

■住宅用太陽光発電システム設置費補助金
環境に優しい街づくりを推進するため、住宅用太陽光発電システムを設置される方に対し、費用の一部を補助します。
○対象者:
・自身が居住している市内の住宅等(店舗との併用住宅を含む)に、太陽光発電システムを設置される方
・市税の滞納がない方
・電力会社と電灯契約を締結している方
○補助金額:1件につき1kwあたり3万円(4kw12万円を上限)を補助します。
尚、最大出力については10kw未満とします。
○注意事項
事前着工は補助の対象となりませんのでご注意下さい。
●お問い合わせ先:
《都市環境課環境公園班》 TEL:088-852-7647

■浄化槽設置補助金
○補助の条件:
自ら居住する一般住宅(住宅兼事務所・店舗等では住宅部分の面積が50%以上の建物)
○補助金額:5人槽  332,000円
      7人槽  414,000円
      10人槽 548,000円
●お問い合わせ先:
《都市環境課環境公園班》 TEL:088-852-7647

■土佐市木造住宅耐震診断士派遣事業(要件あり)
○診断費用:無料
●お問い合わせ先:
《防災対策課》 TEL:088-852-7607

■土佐市非木造住宅耐震診断費補助事業(要件あり)
耐震診断にかかった費用の一部(一棟あたり上限3万円)を補助します。
●お問い合わせ先:
《防災対策課》 TEL:088-852-7607

■土佐市住宅耐震改修設計費補助事業(要件あり)
耐震改修設計に要する費用の一部(上限32万4千円)を補助します。
●お問い合わせ先:
《防災対策課》 TEL:088-852-7607

■土佐市住宅耐震改修費補助事業(要件あり)
耐震改修工事にかかった費用の一部(上限152万5千円)を補助します。
●お問い合わせ先:
《防災対策課》 TEL:088-852-7607

問い合わせ先

■土佐市役所 未来づくり課
市役所所在地:高知県土佐市高岡町甲2017-1 土佐市役所北庁舎2階

TEL:088-852-7682(担当:高芝、移住相談員:森澤)
Eメールでのお問合せはこちら

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください。

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課 移住・交流コンシェルジュ

【高知・相談窓口】

平日 8:30 ~ 17:15
住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2-20 高知県庁 3階
TEL:088-823-9336/FAX:088-823-9258

土日祝 8:30 ~ 17:15
高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

【東京・相談窓口】
【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ「まるごと高知」地下1階
月のみ 11:00 ~ 19:30
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417
※事前予約制 詳細はこちら

【大阪・出張相談窓口】
大阪ふるさと暮らし情報センター シティプラザ大阪 1階
毎月第4金・土曜日 11:00 ~ 17:00
住所:〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪 1階
ご予約・お問合TEL:088-823-9336
※事前予約制 詳細はこちら

E-MAIL(共通):iju@ken3.pref.kochi.lg.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【その他の相談窓口】

◇ 東京事務所 TEL: 03-3501-5541
◇ 大阪事務所 TEL: 06-6244-4351
◇ 名古屋事務所 TEL: 052-251-0540

移住・交流コンシェルジュについて

高知で暮らし隊 会員大募集 あなたのUJIターンを全力でサポートする7つの入会特典付き会員登録キャンペーン実施中。入会登録はこちらから!

  • まずはご相談を。移住コンシェルジュ
  • 高知家ホームパーティ(移住相談会情報)
  • 高知家で暮らす。メールマガジン配信中!ご登録はこちらから