トップページ > 市町村情報 > 市町村紹介 > 梼原町

梼原町

四国カルストが広がる雲の上のまち

梼原町は、高知県の中西部に位置する面積236.45km2、四国カルスト県立自然公園を有する県境の町です。

日本最後の清流四万十川の源流域に位置し、四季折々の変化に富んだ景色の中、独特の文化を育んでいます。

県境という不便な立地条件を、逆にプラスへと転換し様々な施策に取り組んでおり、「太郎川公園」「雲の上の施設群(ホテル、レストラン、温泉、プール)」「風力発電所」「維新の道」「千枚田オーナー制度」などユニークな施設や制度が活用されています。

梼原町の概要

人口 3,608人(総務省統計局 平成27年国勢調査より)
面積 236.45km2
年間降雨量 2,630mm
教育環境 保育園・幼稚園:1
小学校:1
中学校:1
高等学校:1
(平成29年現在)
医療環境 診療所:2
一般病院:1(内科、整形外科、眼科(整形外科と眼科は週1)、小児科(週3回)
※救急告示病院
救急病院:0
小児科:0
歯科:1
眼科:0
(平成29年現在)
情報通信環境 全地域に光回線有(梼原あんしん光ネット)

支援制度

● 定住支援
■結婚祝福金
結婚祝福金として、商工会商品券5万円/組を支給しています。

● 就業支援
◆就職
町ホームページ「ゆすはら暮らふと」内にて仕事情報を掲載しています。
詳細はこちら

◆起業
■梼原人を元気にする補助金
梼原町内で特産品や人材育成事業等のために実施する学習や研修・研究活動事業の開発に対して支援しています。
○補助金額:上限100万円(ソフト事業100%、ハード事業60%を助成します)
※ハード事業で行う場合はソフト事業と組み合わせが必要です。

● 医療支援
■福祉医療助成制度
0歳~15歳(中学生卒業)までの医療費が無料です。

■誕生祝福金
梼原町の住民基本台帳に登録され、出産日の3か月前から梼原町に住所を有する者で将来も引き続き町内に居住予定する母が出産した子供に贈られます。
○誕生祝福金:新生児1人につき 10万円

■梼原こども園/幼保連携教育
保育料・幼稚園授業料・給食費が無料です。

■梼原学園/小中一貫教育校
学校で使用する木造机・いすの贈呈(1~6年まで使用)、制服助成(5・6年生対象/1着のみ)
梼の木寮(入寮費:個人負担1,500円/月(給食費含む))※中学生から
海外留学支援事業(オーストラリアもしくはイギリスへ3週間程度、自己負担7万円、7名/年)

■梼原高等学校/海外留学の支援
長期:海外留学補助事業(1年間/半年間)100万円×2名(年間)
短期:海外への生徒の派遣(1週間)10万円×2名(年間)

■入寮助成金
○対象者:高知県立梼原高等学校に在学する生徒で、孝山寮に4月~翌年2月までの間で、10ヶ月以上在寮した全入寮生の保護者
○支給額:年間総支給額200万円を限度として運営費を補助

● 住宅支援
■空き家バンク
町内の空き家情報の提供、案内を行っています。
空き家バンクの詳細はこちら
●お問い合わせ先:
《梼原町役場 企画財政課 企画・定住対策係》 TEL:0889-65-1111

■体験型モデル住宅
低炭素社会を目指した住宅の普及を浸透させるため、環境と健康に配慮した体験型木造モデル住宅を町内2箇所(松原、下組)整備しています。
体験型モデル住宅の詳細はこちら
●お問い合わせ先:
《梼原町役場》 TEL:0889-65-1250

■梼原町町産材利用促進条例
○助成要件:
(1)助成を受けようとする方の世帯全員が、町に対して支払義務を有する町税等について滞納がないこと。
(2)梼原町内に自ら居住するため、建築用地を自らが確保でき、新たに住宅を建築する者で、おおむね1坪あたり1m3以上の梼原町産材を使用した木構造の家
(3)建築延べ面積20坪(66m2)以上で梼原町産材を20m3以上使用した家
(4)新築工事のみ
(5)若者定住住宅補助金との併用可
(6)助成後、当該住宅に10年以上居住できること
(7)合併処理浄化槽を設置すること。ただし、公共下水道及び農業集落排水の指定を受けている区域に住宅を新築する場合は、この限りではない。
○助成額:
(1)町産材1m3につき7万円を限度とする
(2)助成上限を200万円とする

■若者定住住宅補助
若者が安心して定住できるための持家の確保と住環境の整備を図っています。
○条件:
(1)本町に住所を有し、引き続き10年以上定住可能な方(I・Uターン者含)
(2)前年中の世帯所得の合計が600万円以下の方
(3)40歳未満の方(既婚者の場合は、夫婦いずれかが40歳未満であれば対象)
(4)町産材を用いて建築した住宅 
(5)新築の住宅の場合には、合併浄化槽を設置すること
※ただし、公共下水道及び農業集落排水の指定を受けている区域に住宅を新築する場合は、この限りではない
<新築の場合>
将来にわたり梼原町内に定住する意思のある方が、自ら居住するための住宅を、梼原町町産材利用促進条例の規定に基づく町産材を使用し、建築延面積が66m2以上の住宅を新築(建て替え含む)した場合に、100万円を限度として梼原町が補助金を交付。
※なお、「梼原町町産材利用促進事業」との併用も可能です。
<住宅改修の場合>
将来にわたり梼原町内に定住する意思のある方が、事業費20万円(合併処理浄化槽の設置費を除く。)以上で改修又は増築した場合は、100万円を限度額として、事業費の2分の1にあたる補助金を交付。
※これらの制度を利用するには事前の手続きが必要です。必ず着工前にご相談ください。

●子育て支援
■不妊治療費助成
不妊検査、不妊治療を受けられたご夫婦に、治療に要した一部費用を助成しています。
1、一般不妊治療等(医療保険適応となる一般不妊治療や検査、人工授精)
○助成額:9割
○助成期間:通算5年間

2、特定不妊治療等(体外受精、顕微授精)、男性不妊治療
○助成額:9割(1回の自己負担のうち)(総助成額には「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」による助成額を含む)
○通算期間・回数:通算6回
※「高知県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成を受けているか、受けていた方
※高知市県外等で「特定不妊治療費助成金」を受けたことがある場合はその実績回数が6回に満たない方

■新生児の聴覚検査
・検査対象者:出生時及び検査を受けた日に母親の住民票が梼原町にあり、平成29年4月1日以降に出生した新生児
・検査機関:高知県内の分娩を取り扱う産科医療機関・愛媛県(宇和島・大洲市)の委託契約している医療機関
●お問い合わせ先:
《保健福祉支援センター子育て世代包括支援センター》 TEL:0889-65-1170

相談窓口

■梼原町役場 企画財政課 企画・定住対策係
 町役場所在地:高知県高岡郡梼原町梼原1444番地1
TEL:0889-65-1111(担当:松山、来米 移住相談員:片岡)
E-mail:Eメールでのお問合せはこちら

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください。

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

高知県庁 産業振興推進部 移住促進課 移住・交流コンシェルジュ

【高知・相談窓口】

平日 8:30 ~ 17:15
住所:〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2-20 高知県庁 3階
TEL:088-823-9336/FAX:088-823-9258

土日祝 8:30 ~ 17:15
高知駅前「とさてらす」 TEL:080-1999-8050

【東京・相談窓口】
【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月のみ】高知県アンテナショップ「まるごと高知」地下1階
月のみ 11:00 ~ 19:30
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417
※事前予約制 詳細はこちら

【大阪・出張相談窓口】
大阪ふるさと暮らし情報センター シティプラザ大阪 1階
毎月第4金・土曜日 11:00 ~ 17:00
住所:〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31 シティプラザ大阪 1階
ご予約・お問合TEL:088-823-9336
※事前予約制 詳細はこちら

E-MAIL(共通):iju@ken3.pref.kochi.lg.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【その他の相談窓口】

◇ 東京事務所 TEL: 03-3501-5541
◇ 大阪事務所 TEL: 06-6244-4351
◇ 名古屋事務所 TEL: 052-251-0540

移住・交流コンシェルジュについて

高知で暮らし隊 会員大募集 あなたのUJIターンを全力でサポートする7つの入会特典付き会員登録キャンペーン実施中。入会登録はこちらから!

  • まずはご相談を。移住コンシェルジュ
  • 高知家ホームパーティ(移住相談会情報)
  • 高知家で暮らす。メールマガジン配信中!ご登録はこちらから