毎年ゴールデンウィーク期間中に高知市・中央公園で開催される“こうち春花まつり”。 40,000鉢もの花々が彩る園内で、今年はなんと、高知へ移住された1組のカップルに「花いっぱいの結婚式」が贈られました。

婚礼事業に関わる県内のホテルや企業等が加盟する「高知ウエディング推進委員会」が、高知へ移住されて挙式をされていないカップルへ結婚式をプレゼントし、広く結婚式の素晴らしさを啓発・啓蒙しようという想いから初めて企画されたこの結婚式。春花まつりに来場されている方々の前で挙式をすることで結婚を認めてもらう、人前結婚式(シビルウェディング)のスタイルで行なわれました。

 

この結婚式がプレゼントされたのは、高知県出身の新郎と青森県出身の新婦のカップル。おふたりは東京で出会い、ご縁があって、新郎の出身地である高知市へ移住をされました。そして、5月3日(土)列席者や多くの方々に祝福されながら晴れてご夫婦となられました。

お天気にも恵まれ、温かみのある素敵なお式で、
出席させていただいた私たちも幸せのおすそわけをいただきました♪

 

人生の大きなターニングポイントにもなる移住。良い時も大変な時もありますが、このようなイベントだけでなく、移住・交流コンシェルジュとしても関わる方を一人でも多く笑顔にできる存在でありたいな、と感じた1日でした。