高知市から車で約2時間半、幡多地域6市町村のうち唯一海に面していない三原村に着きます。
三原村では村の特産品であるユズの産地化や農業後継者育成、また伝統産業である土佐硯の技術後継者を育てる取り組みがスタートしました。

農業では四万十町にある「農業担い手育成センター 窪川アグリ体験塾」とも連携し、新規就農研修支援事業を利用する研修生が、受け入れ農家さんの元で研修する際の住宅問題を解決するため、移住促進共同住宅が整備されました。
また、三原村に興味がある方の短期滞在施設としての利用も可能です。緑の山に囲まれた、自然豊かな三原村をぜひ体感してみてください!

三原村ホームページ
三原村農業公社の取り組み
高知特産工芸品 土佐硯

 

写真6  写真4

 

木のいい香りが漂う施設の中は、入ってすぐに共有スペースがあり、それを囲むようなかたちで単身用の個室が7室整備さてれいます。
個室はワンルームを思わせるような、キッチン、お風呂、水洗トイレが整備され、供え付けのベットやテレビもあり、快適に暮らしていただけます。

写真3 写真5 写真2

■入居期間:長期→1ヶ年以上2ヶ年まで(最長2年まで利用可能)
短期→5日以上1ヶ月未満
■利用料等:28,000円/月、短期1,000円/日
※食費は含まれません
■部屋:7室(シューズボックス・冷蔵庫・デスク・テレビ・洗濯機・ベット・エアコン・バス・トイレ各室完備)
■共有スペース:調理室・食堂兼研修室・トイレ
■駐車場:8台
■施設住所:高知県幡多郡三原村宮ノ川字五反田1130番地(三原村農業構造改善センター敷地内)

※利用条件、申込み方法など詳細はこちらをご覧ください。

◇高知県内の、その他のお試し滞在施設についてはこちらをご覧ください。