高知県の東部に位置する北川村は、中央部を奈半利川が流れる中山間地域の村です。主産業は日本有数の生産量を誇る「ゆず」を中心とした農業や村面積の約95%を占める森林を活用した林業、北川村「モネの庭」マルモッタンや中岡慎太郎館、北川村温泉などによる観光産業となっています。一方、少子高齢化、人口の流出による産業の衰退などの大きな課題も抱えており、活力ある元気なむらづくりが急務となっています。

そこで、地域外から地域の将来の担い手となる人材を受け入れ、地域活性化に繋がる新たな発見や地域コミュニティの担い手としての役割、新たな産業の創出等の取り組みを実践するため、「地域おこし協力隊」の隊員を募集します。

★地域おこし協力隊とは…
地方自治体が都市住民の方々を受入れ・委嘱し、一定期間以上、第一次産業(農林漁業など)の応援や地域振興、地域住民の方の生活サポートなど、地域協力活動に従事することで、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の維持・強化を図ることを目的とした国の制度です。

地域おこし協力隊について(移住・交流推進機構)
===================================================

1.業務概要
(1)地域活性化支援業務
①集落活動支援(メイン業務)
北川村温泉源泉のある北川村中部地域で活動している中部地区集落活動協議会のサポート業務
②ゆず振興にかかる支援
後継者不足によりゆず園地管理が難しくなっていることから、地域の園地の草刈り、収穫等の支援を行う。
③移住促進・交流に関する活動
SNSを通じて、田舎暮らしの魅力などのPRを行う。また、移住お試し住宅の運営支援を行う。
④その他地域活性化にかかる活動
村内地域活動(子ども会、中岡慎太郎先生顕彰会など)に参加し、自分に合った地域活性化のための活動を展開する。高齢者宅の家具移動支援や中北部地域の水道検診などを行う。

(2)地域の保健福祉業務(看護師免許必須)

①地域の健康づくり推進(立案・実施の支援)
②高齢者の介護予防の支援(介護予防活動のサポート)
③高齢者の生活支援(健康チェックや服薬支援)

2.募集対象
下記(1)~(9)のすべての要件を満たす方
(1)概ね年齢20歳以上、50歳以下の方(平成28年4月1日現在)
(2)都市地域等(条件不利地域以外)から、北川村へ住民票を異動させて生活できる方
(地域おこし協力隊推進要綱に該当する方)
(3)心身ともに健康で誠実に職務を行うことができる方
(4)地域住民と積極的にコミュニケーションを図り、地域を元気にするために精力的に行動できる方
(5)協力隊終了後も北川村に定住する意思のある方
(6)普通自動車運転免許を取得し、日常的に利用されている方
(7)パソコン(ワード、エクセル、インターネット、Eメールなど)を使用できる方
(8)村の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
(9)地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方
・成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの方
・公務員として、懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない方
・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

3.募集人員
地域おこし協力隊 2名
(1) 地域活性化支援業務・・・1名
(2) 地域の保健福祉業務・・・1名

4.勤務地
北川村内

5.勤務日数及び勤務時間
(1)勤務日数:週5日
(2)勤務時間:8時30分から17時15分まで
※夜間、土日、祝祭日、年末年始等の勤務は、週勤務時間内で振替対応となります。
なお、所定の月の労働日数及び労働時間を下回った場合は、その分の報酬は減額となります。

6.雇用形態及び期間
(1)北川村の非常勤職員として村長が委嘱します。
(2)初年度の委嘱期間は委嘱日から平成29年3月31日までです。
委嘱期間は委嘱の日から最長3年間とし、1年ごとに更新するものとします。(平成31年3月31日まで)
(3)協力隊員としてふさわしくないと判断した場合等は、委嘱期間中であっても委嘱を取り消すことができるものとします。

7.報酬
(1) 地域活性化支援業務の者 月額166,000円
(2) 地域の保健福祉業務の者 月額252,000円
※翌月の10日に支給します。
ただし、時間外手当、退職手当等は支給しません。

8.待遇・福利厚生
(1)休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認める場合があります。(届出と許可が必要です。)
(2)勤務時間中は、活動に必要な公用車、パソコン、事務用品等を貸与します。
(3)村内での生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持ち込みをお勧めします。
(4)居住地として、村が用意する住宅に居住してもらいます。(家賃、水道光熱水費等は個人負担です。)
(5)健康保険、厚生年金、雇用保険等の社会保険に加入します。
(6)年次休暇等は村の条例を適用します。

9.応募手続
(1)応募受付期限
随時受付をしております。
下記まで郵送または直接持参してください。なお、提出した書類は返却しません。
(2)提出書類
応募用紙(別紙様式)
・履歴書(市販のもので可。直筆及び写真貼付)
・作文(A4サイズで書式自由、パソコンでの作成可)
※題名「北川村の地域おこし協力隊員として活かしたい私の経験や能力」について、
1,000文字程度で作文を作成してください。なお、作文の最初に住所と氏名を記入してください。
(3)お申し込み・お問い合わせ
北川村役場産業課
〒781-6441 高知県安芸郡北川村野友甲1530番地
電話:0887-32-1221
メールアドレス:sangyo@vill.kitagawa.kochi.jp

10.選考
(1)第1次選考(書類)
書類選考の上、結果を概ね1ヶ月以内にに応募者に文書で通知します。
(2)第2次選考(面接等)
第1次選考合格者を対象に、結果通知後概ね1ヶ月以内に、北川村役場において第2次選考試験を行います。
詳細については、第1次選考結果の通知の際にお知らせします。なお、第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は個人負担となります。
(3)最終選考結果の報告
最終結果報告は、2次選考後概ね1ヶ月以内に文書で通知します。
※住民票の異動は必ず地域おこし協力隊委嘱日以降に行ってください。
それ以前に住所を異動させると、応募対象者でなくなり採用取り消しとなる場合があります。

募集要項・応募用紙はこちらからご覧ください。