大豊町は四国山地の中央部に位置し、総面積の約88%を山林が占め、一級河川吉野川が町の中心部を流れています。耕地は全体の1.1%で棚田、傾斜畑で形成され、水稲を中心に園芸野菜、柚子、ゼンマイなどの栽培が盛んな地域です。国の特別天然記念物である「日本一の大杉」などの観光資源が豊富であるほか、近年では、吉野川でのラフティングを中心としたアウトドアスポーツが盛んに行われ、高知県内外から多くの方々が訪れています。大豊町では、交流から地域の元気を再生するため、山村の日常の営みやアウトドアスポーツを資源にした交流を進めています。現在3名の地域おこし協力隊及び集落支援員が活動しています。今回、地域活動や集落維持の活動を支援する地域おこし協力隊を募集します。また、協力隊終了後は起業や就業し大豊町への定住を目指していただきます。


★地域おこし協力隊とは…

地方自治体が都市住民の方々を受入れ・委嘱し、一定期間以上、第一次産業(農林漁業など)の応援や地域振興、地域住民の方の生活サポートなど、地域協力活動に従事することで、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の維持・強化を図ることを目的とした国の制度です。
地域おこし協力隊について(移住・交流推進機構)
===================================================
★募集要綱

1.募集人員
地域おこし協力隊  1名

2.身分
地域おこし協力隊の隊員(以下「隊員」という。)の身分は、地方公務員法(昭和 25 年法律第 261 号)第 3 条第 3 項第 3 号に定める非常勤の特別職とする。

3.職務
地域おこし協力隊は、地域力の維持・強化に資する次に掲げる活動を行う。
(1) 都市と農山村地域の交流事業の支援
(2) 地域資源(観光・特産品)の発掘、振興
(3) 農林業の振興に係る支援
(4) 健康づくりに係る支援
(5) 地域行事に係る支援
(6) その他地域活性化に係る活動

4.募集条件
平成 27年 4月 1日現在で 20歳以上 60歳以下の方で、次のいずれにも該当する人が対象となります。
(1) 現在、三大都市圏等の都市地域に在住(集落支援隊を除く)しており、採用後大豊町内の活動地区に生活拠点を移し、住民票を異動できる者
(2) 地域になじむ意思があり、住民と共に地域活性化に取り組む意欲のある者
(3)普通自動車免許を持っている者(自家用車を持っている方を優遇)
(4)期間終了後、大豊町に定住し就業しようとする意志のある者
なお、住居は大豊町が準備し家賃を負担します。

5.勤務日及び勤務時間
(1)隊員の活動日は、一般職員の例による。この場合において、町長は隊員に活動を要しない日において特に活動することを命じた場合は、活動を要するいずれかの日を、活 動を要しない日に変更し振り替えることができる。
(2)隊員の活動時間は、1 日につき 7 時間 45 分の活動を原則とする。この場合において、 標準的な活動時間は、午前 8 時 30 分から午後 5 時 15 分までとし、休憩時間は正午から 午後 1 時までとする。活動時間は活動内容により 7 時間 45 分を超えない範囲で変更で きるものとする。

6.報酬
月額:200,000円

7.委嘱する期間等
(1)隊員の委嘱期間は、1 年とし、最長 3 年まで延長することができるものとする。
(2)委嘱を延長する場合には、1 年ごとに委嘱期間を延長することとする。
(3)町長は、隊員としてふさわしくないと判断した場合には、委嘱期間中であっても解嘱 できるものとする。

8.待遇・福利厚生
(1) 隊員の活動報酬は、大豊町特別職の職員の給与に関する条例(平成 9 年大豊町条例第 1 号)で定める額とする。
(2)隊員の通勤手当、有給休暇、勤務時間、福利厚生及び公務災害(以下「勤務条件 等」という。)については、大豊町一般職の非常勤職員及び臨時職員の任用に関する要 綱(平成 27 年要綱第 1 号)の臨時職員の勤務条件等の例に準じるものとする。

9.応募手続及び場所

(1) 受付期間
随時受付
(2) 提出書類
応募用紙
② 履歴書(写真付きのもの)
(3) 受付場所
大豊町プロジェクト推進室おいでよおおとよプロジェクト(大豊町役場本庁3階)まで書類持参か郵送で応募してください。

10.選考方法
(1) 第 1次審査
書類選考のうえ随時応募者に文書で通知します。
(2) 第 2次審査
第 1次審査合格者については面接試験を行います。
(面接会場への旅費等は応募者の負担です)
①面接日
大豊町が指定する日
②場 所
大豊町農工センター 2階会議室
③内 容
個人面接
(3)最終選考結果の報告
受験者に通知します
(4)採用予定日
随時

11.その他
町は、地域おこし協力隊の活動が円滑に実施できるように、次に掲げることを行 うものとする。
(1) 地域おこし協力隊の年間事業計画の作成
(2) 地域協力活動に関するコーディネート
(3) 地域協力活動終了後の定住支援
(4) その他地域おこし協力隊の円滑な活動に必要なこと。

12.お問い合わせ・ご連絡
大豊町プロジェクト推進室
〒 789-0391
高知県長岡郡大豊町高須 231番地
TEL 0887-72-0450
FAX 0887-72-0474
E-mail: daihyou@town.otoyo.lg.jp

※募集要項や応募用紙など詳細はこちらをご覧ください。