南国市は人口 49,472人(平成 22年国勢調査)の県下第2の都市であり、高知県の中央部、高知市の東隣に位置し東西に短く南北に長い地形をしています。
北は四国山地、南は太平洋に面し、そして高知県で一番広い高知平野に位置する南国市は、温暖な気候を利用して、古くから稲作が盛んで、土佐の稲作の発祥地といわれ、これまで田園都市として発展してきました。また南国市は、高知龍馬空港や高知自動車道南国インターチェンジといった、高知県における交通拠点も有しており玄関都市として交流と定住人口の拡大を目指しています。
南国市の人口の減少率は高知県の平均値より緩やかではありますが、市内中心部以外の周辺地域では減少率が高く、また、高齢化も進行し、主要産業である農業や、これまでの地域活動が継続できなくなりつつあります。
そこで、南国市全地域が地域力をつけ、持続的に発展していくため、都市部の意欲のある方で、新たな発想・視点で南国市の元気づくりに取り組むことができる地域おこし協力隊を募集します。

★地域おこし協力隊とは…
地方自治体が都市住民の方々を受入れ・委嘱し、一定期間以上、第一次産業(農林漁業など)の応援や地域振興、地域住民の方の生活サポートなど、地域協力活動に従事することで、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の維持・強化を図ることを目的とした国の制度です。
地域おこし協力隊について(移住・交流推進機構)
===================================================

1.募集人員
地域おこし協力隊 3名

2.業務概要
(1)中心市街地活性化応援業務
中心市街地にある施設を地域コミュニティの拠点として活用するとともに、周辺も巻き込んだイベントを企画・実施することにより、中心市街地の「賑わい」の創出を図る。
(2)地域活動応援業務
自主的に地域を活性化させようと取り組んでいる組織・グループの活動を応援することにより地域力の向上を図る。
(3)地場産業応援業務
四方竹、シャモ、土佐打ち刃物などの地場産業を市内外にPR、販路拡大を図ることにより、地域産業の振興及び地域の活性化を図る。
※共通事項:インターネット等による情報発信活動。各業務に関連して実施されるイベント等は協力して実施すること。

3.募集対象
平成27年4月1日現在の満年齢が20歳以上50歳以下で、次のいずれにも該当する方
(1)「3大都市圏をはじめとする都市地域等」に在住し、委嘱期間を通して生活拠点を南国市に移し住民票を異動できる方
(2)心身ともに健康で住民と共に地域活性化に取組む意欲のある方
(3)最長3年間の活動期間終了後も南国市に定住し、就業・起業する意欲のある方
(4)普通自動車運転免許を取得している方
(5)パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができる方
(6)上記に関わらず、地方公務員法第16条の欠格事項に該当する場合は応募することができません
※「3大都市圏をはじめとする都市地域等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県の区域の全域及び政令指定都市であって、過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法及び小笠原諸島振興開発特別措置法に指定された地域外の地域をいう。

4.勤務地
南国市役所及び南国市全域

5.勤務日数及び勤務時間等
(1)勤務日数:原則 月17日
(2)勤務時間:原則 8時30分から17時15分(1日7時間45分)※時間外は振替対応とします

6.雇用形態及び期間
(1)南国市の非常勤の嘱託職員として南国市長が委嘱します。
(2)委嘱期間は平成27年5月1日から平成28年3月31日まで。委嘱の最長期間は平成30年3月31日までとします。なお、最終選考者が仕事の引継ぎ等の理由により平成27年5月から地域おこし協力隊としての活動が困難な場合は、委嘱日について相談に応じます。
(3)地域おこし協力隊員として、ふさわしくないと委嘱者(南国市長)が判断した場合は、雇用期間中であっても、その職を解くことができるものとします。

7.報酬
月額166,000円
※その他、賞与、退職手当等は支給しません。
※所定の月の労働日数及び労働時間を下回った場合は、その分を報酬から1時間単位で減額します。

8.待遇及び福利厚生
(1)休暇日で業務に支障がなければ兼業を認める場合があります。(届出が必要)
(2)活動期間中の住宅は市が無償で用意します。水光熱費は個人負担です。
(3)勤務時間中はパソコンを貸与します。
(4)健康保険・厚生年金・雇用保険に加入します。
(5)年次有給休暇等は市の条例規則等を適用します。
※生活上の移動手段として自家用車が必要不可欠となります。

9.応募手続
(1)応募受付期間
平成26年12月19日(金)~平成27年2月6日(金)午後5時必着
※下記(2)の提出書類を南国市企画課に郵送又は持参してください。提出された書類は返却しません。また、提出された書類の個人情報については本公募のみに使用し、その他の用途には使用しません。
(2)提出書類
①応募用紙(ダウンロードはこちら
②履歴書(市販のもので可。写真(6ヶ月以内・上半身・無帽・正面)貼り付け)
③住民票
④レポート
テーマ 「これまでのあなたと、地域おこし協力隊として活動したいこと」
1,000文字程度(市販400字詰め原稿用紙使用)
(3)その他
①資料の送付について
南国市地域おこし協力隊への応募を検討されている方に、南国市の資料(市勢要覧、観光パンフレット、市広報等)を送付しますので参考にしてください。
②現地案内等について
事前に南国市内の現地案内を希望する場合には、南国市企画課まで連絡してください。
10.選考方法
①第1次選考(書類)
書類選考の上、平成27年2月中旬に結果を応募者全員に文書等で通知します。
②第2次選考(面接等)
第1次選考合格者を対象に平成27年2月下旬から3月上旬に南国市役所にて面接試験を行います(日時等は別途通知します)。なお、第2次選考に要する交通費等は応募者負担となります。
③最終選考結果の通知
平成27年3月中旬に文書で通知します。
※住民票の異動は必ず委嘱日以降に行ってください。

11.申込・お問い合わせ先
〒783-8501
南国市大そね甲2301 南国市企画課コミュニティ推進係
電話番号:088-880-6553  FAX:088-863-1167
E-mail:n-kikaku@city.nankoku.lg.jp

募集要項・応募書類はこちらをご覧ください。