トップ > 郷土資料コーナー > 高知県神社明細帳の利用 
  高知県神社明細帳の利用
 
 高知県神社明細帳について

 高知県神社明細帳は、明治初年に内務省の布達により高知県が調査し、まとめた県下の神社の総目録です。
 本資料は明治時代に作られ、大正・昭和期を通じて追記や修正が加えられてきました。
 そのため、文中には近世身分社会の下で形成され、その後も特段の配慮もなく使用されてきた差別的な用語が散見される他、
 そのような用語が記載されているところを意図的に塗りつぶしたと考えられる黒塗り箇所が多数確認できます。
 これは本資料が形成され、追記や修正が加えられてきた時代の社会的な意識により記述・糊塗されたものです。

 本資料は差別問題の克服に資するとともに、歴史を学術的に研究する資料としてご利用いただけることを願って、
 現状のまま公開します。
 取り扱いにあたっては細心の配慮をお願いします。

 

 資料の形態には紙焼き本、デジタルデータ(モノクロ・カラー)があります。
 閲覧の申請手続きはいずれの場合も同様です。
 

 ※原資料の閲覧を希望される場合は、下記の申請手続きに加えて、
   貴重資料閲覧承認申請書にもご記入いただく必要がございます。

 
 利用の手順
 ◆申込み

  2階カウンターにて『高知県神社明細帳』閲覧申請用紙に、
  住所・氏名・連絡先等必要事項および閲覧目的を具体的に記入してください。
  なお、下記の時間帯以外は受付できませんので、ご注意ください。
 

  火曜~金曜    9:00~12:00、13:00~17:00
 
  土曜・日曜祝日 9:00~12:00、13:00~16:45
 

  ※閲覧目的が人権への配慮に欠けるものや、不明確な場合には、閲覧をお断りさせていただきます。

 
 ◆閲覧

  資料は職員がお出しします。
  館内の決められた場所でご利用いただきます。
  デジタルデータについても、専用のパソコンを利用していただきます。
 
 ◆複写

  印刷をご希望される方は、改めて『高知県神社明細帳』特別複製申請用紙に、
  利用目的・複写箇所・お渡しの方法等を明記の上、お申し込みください。
  場合によってはお渡しできるのが数日後になることや、印刷自体をお断りさせていただくこともございます。

 

  利用が終わりましたら、資料をカウンターまでご返却ください。
 
 
 利用時の注意点

 ○データの中には人権の面で配慮の必要な内容や、個人情報に繋がる内容が含まれています。
   閲覧は必要最小限度でお願いします。

 ○USBメモリー等他の媒体にデータをコピーし持ち帰ることは厳禁です。