トップ > 郷土資料コーナー > 山内家資料の利用 
山内家資料の利用
 
山内文庫は2007年7月に山内家資料の管理一本化によって土佐山内家宝物資料館にに移管されていましたが、2016年4月1日以降は高知県立高知城歴史博物館へ移管されています。
現在、県立図書館で所蔵しているのは年譜類の写真帳・マイクロフィルム、歴代公紀稿本(コピー)のみです。

山内家資料の利用について、図書館で対応できるのは閲覧及び複写に限られます。
大量の複写申請や刊行物・メディア等への画像の掲載および放映については、
高知県立高知城歴史博物館にお問い合わせください。

 
 
閲覧の申請
 
閲覧にあたっては「山内家資料の写真帳・マイクロフィルム等閲覧等承認申請書」にご記入のうえ、2階カウンターまでお持ちください。

閲覧は、特別な場合を除いて、原則として18歳以上の方のみとさせていただきます。
プライバシーや人権を侵害すると判断される場合は、閲覧を制限させていただくことがございます。

 
複写の申請

「山内家資料の写真帳・マイクロフィルム等閲覧等承認申請書」が必要になります。

なお、複写については、当館様式の「資料複写申込書(別記第11号様式)」では受付できません。
郵送で複写を申し込まれる場合はご注意ください。
複写が大量になる場合や、撮影した画像を出版物等へ掲載する場合は、高知県立高知城歴史博物館へお問合せください。
 

※本申請にもとづく承認書の写しは、山内家資料を管理する
 高知県立高知城歴史博物館に報告しますので、ご了承ください。