初期研修医 出口奨先生 第103回日本消化器病学会四国支部研修医奨励賞受賞

公開日 2015年06月25日

当院初期研修医、出口奨先生が2015年6月20日21日開催(高松市)の第103回日本消化器病学会四国支部例会にて、演題名「自己免疫性肝炎加療中に肝、脾臓内多発出血にて急変した一例」にて研修医奨励賞を受賞されました。

 希少な示唆に富む症例報告で、当日の演題発表でも初期研修医とは思えないほどの落ち着いた立派な発表でした。出口奨先生の今後のさらなる活躍が期待されます。

研修医奨励賞