記者配布資料(県政記者向け)

行事等のお知らせ(No.00023857)

公開日 2012年09月19日

  • 行事名
    青果ユズをフランスへ日本初輸出
  • 日時
    2012年10月3日
  • 場所
    北川村
  • 知事の出席
  • 副知事の出席
  • 取材ポイント
    
    
  • 内容
    1.内容
    高知県から日本で初めてEU諸国に青果ユズを輸出します。
    来月10月21日から25日までフランス・パリで開催される世界最大規模の国際食品
    見本市「SIAL(シアル)2012」の高知県ブースに青果ユズを出展します。その
    後、ユズの収穫が本格的に始まる11月から12月にかけて約3トンを輸出する計画
    で、フランスやEU諸国の高級レストラン等へ販売される予定となっています。なお、
    高知県ブースでは、青果ユズの他にユズ果汁やユズリキュール等を扱う県内企業が出展
    します。
     また、「SIAL2012」では、株式会社サンリオ及び本県出身で県の観光特使で
    もある同社の「ハローキティ」デザイナーの山口裕子さんの協力を得て、フランスでも
    人気のキャラクター「ハローキティ」と本県ユズがコラボレート(PR用のポスターや
    ピンバッジの作成・配布)、現地のメディアにも高知のユズを大きくアピールします。
     この他にも、10〜11月にかけてオランダやシンガポールから商社や有名なシェフ
    の方々が、本県のユズ産地を訪問される予定となっており、この機を捉えて精力的に本
    県ユズをプロモーションしていきます(別添参照)。これらについては、その都度詳細
    をリリースいたします。
    
    2.経緯
    本県はユズの生産量が年間約1万トン(全国シェア約50%)と日本最大の産地であ
    り、その強みを生かして世界に向けて販路開拓・販路拡大に官民協働で取り組んでいま
    す。昨年6月には、フランス・パリのミシュラン2つ星付きレストラン「サンドランス」
    で、熊谷喜八氏(県観光特使)の協力を得てフランスの有名シェフやパティシエ、ジャ
    ーナリスト等150名を招待した「ユズ賞味会」を開催しました。本県産ユズ果汁やユ
    ズ加工品を使った料理を提供して、多くの参加者から大変好評をいただくと同時に青果
    ユズを入手したいとの強い要望を受けたところです。しかし、当時、EU諸国へ青果ユ
    ズを輸出する、植物検疫上の手続きが確立していなかったため、輸出が出来ませんでし
    た。そこで、官民が連携して輸出条件の整備されるよう取り組みを始め、昨年11月に
    は本県知事より国に対し、早期の輸出条件の整備について政策提言を行い、国の協力を
    得て今年2月末にEU諸国への青果ユズ輸出の植物検疫上の諸条件が整備されました。
    これに基づき、北川村の園地が3月23日付けでEU加盟国向けカンキツ生産園地及び
    こん包施設として最初の登録を受け、EU残留農薬基準への対応を行うなど輸出に向け
    た準備を進め、日本初の青果ゆずのEU諸国への輸出にこぎつけたものです。
    
    3.輸出園地等
    登録園地 :高知県安芸郡北川村木積及び北川村西谷
    生産者  :田所 謙二氏
    
    4.青果ユズ輸出に係る関係者
    ・輸出者 :北川村ゆず王国株式会社
    ※なお、輸出商社トップトレーディング株式会社(本社大阪市)、フランスの輸入商社
    パルミフランス社を通じてフランスをはじめとするEU各地へ販売されます。
    ・輸出手続き、生産管理等支援:北川村、JA土佐あき
     ・高知県は外商推進本部において関係部が連携し、国との窓口、生産支援(栽培管
    理、農薬基準等)を農業振興部が、輸出手続きやプロモーション支援を産業振興推進部
    (高知県地産外商公社含む)が行っています。
    
    5.輸出条件(抜粋)
    ・カンキツかいよう病やミカンバエの発生が認められないこと。
     ・生産園地の登録申請からEU諸国向けの輸出が終了するまでの間、当該生産園地外
    からカンキツ類の苗木を持ちこまないこと。
     ・栽培地検査をクリアすること。
    (検査内容:カンキツかいよう病、ミカンバエの未発生確認)
     ・輸出検査をクリアすること
      (検査内容:カンキツかいよう病、ミカンバエの未発生確認、指定された浸漬処
    理、こん包容器の確認等)
    ※輸出検査が完了するまで、登録園地及び登録こん包施設以外へ青果ユズを持ちだすこ
    とは不可。また、登録園地の周囲10mを緩衝地帯として管理。
    
    6.青果ユズの輸出日程
      ※注意事項:輸出量はユズの生育状況、輸出検査の結果等により変更となる
    場合があり、下記は計画数量を記載しています。
    
     10月の輸出予定「SIAL2012向け」:30kg程度の予定
    9/26   収穫
       10/2   輸出検査(農林水産省神戸植物防疫所坂出支所高知出張所)
       10/3   北川村発(トラック便)→成田空港の指定倉庫へ(トップトレー
    ディング社の指定倉庫)
       10/7   成田空港発(JAL405便の予定 11:10成田発→16:45パリ着)
       10/8   通関検査(パリの税関が通関検査を実施)
    
    11月の輸出「収穫最盛期の本格輸出」約3トン(各回600kgの予定)
     輸出検査は、当該週の月曜日に実施予定
      1回目:11/11(日)成田空港発 →11/12(月)パリで通関  
    2回目:11/18(日)成田空港発 →11/19(月)パリで通関 
         3回目:11/25(日)成田空港発 →11/26(月)パリで通関  
    4回目:12/ 2(日)成田空港発 →12/ 3(月) パリで通関  
    5回目:12/ 9(日)成田空港発 →12/10(月)  パリで通関
    
    7.注意事項
     農林水産省植物防疫所が園地で行う栽培地検査及び輸出検査(10月2日及び11月の当該
    週の月曜日の予定)の状況の取材を希望される場合は、取材の一週間前までに、別紙の
    取材申込書を農林水産省神戸植物防疫所坂出支所高知出張所にFAXで提出下さい。
    
    8.お問合せ先
    高知県 産業振興推進部 地産地消・外商課 担当:谷内、濱村
        電話:088−823−9752
        農業振興部 産地流通支援課 担当:中野
        電話:088−821−4806
    北川村 産業建設課 担当:浜渦、大坪
        電話:0887−32−1221
    北川村ゆず王国株式会社 担当:加藤
         電話:0887−38−8747
    
    
    
    
    
    
担当課:地産地消・外商課
係・担当者:谷内、濱村
電話:823-9752(#9752)