記者配布資料(県政記者向け)

行事等のお知らせ(No.00044095)

公開日 2020年02月21日

  • 行事名
    令和元年度 発達障害に関する「実践報告会&とーく会」
  • 日時
    2020年2月29日 13時00分~16時30分
  • 場所
    オーテピア 4階 ホール
  • 知事の出席
  • 副知事の出席
  • 取材ポイント
     県では、「県民の誰もが住み慣れた地域で、安心して暮らし続けることのできる高知県」を目指して、「日本一の健康長寿県構想」を「第3期構想」としてさらにバージョンアップし、5つの柱により重点的かつ骨太な対策を推進しています。
     この柱の一つの「地域地域で安心して住み続けられる県づくり」では、「障害児を社会全体で見守り育てる地域づくり」を進めており、県立療育福祉センター発達障害者支援センターでは、発達障害のあるご本人とご家族が豊かな地域生活が送れるように、関係機関の方々と協力しながら、生涯にわたる継続した支援体制づくりに取り組んでいます。
     今回、その一環として、発達障害の支援に関わる方(保護者・各機関の職員)を対象に、実践報告会&とーく会を開催します。
  • 内容
    【基調講演】 
    〇演題 「発達障害の理解と支援~父として教員として~」
    〇講師 二宮 啓 氏(高知大学附属特別支援学校 教諭)
       障害のある妹の兄であり、2人の自閉症児の父。公立中学校に勤務後、高知市立養護学校(現高知特別支援学校)で17年勤務。平成30年より退職。日々子どもたちの支援に取り組まれている。
    【実践報告会発表者】 
     〇障害児通所支援事業所での取り組み 松田 雅代 氏(児童発達サポートセンターきらり)
     〇障害者職業センターでの取り組み  立花 由智 氏(高知障害者職業センター)
     〇家族の取り組み            KUMIKO 氏(保護者)
    【日時】 令和2年2月29日(土) 13時~16時30分(開場12時30分) 
    【場所】 オーテピア 4階 ホール(高知市追手筋2-1-1)
    【主催】 高知県立療育福祉センター
    

<添付書類>

担当課:障害福祉課
係・担当者:障害児支援担当・弘末 愛子
電話:088-823-9663