記者配布資料(教育記者向け)

行事概要書(No.00045830)

公開日 2021年01月18日

  • 行事名
    社会に貢献する建設技術者の育成に向けて、クラウドファンディング型ふるさと納税で宿毛工業高校へ測量機器を整備します!
  • 日時
    2020年11月6日~2021年2月3日
  • 場所
  • 知事の出席
  • 副知事の出席
  • 取材ポイント
     近年、頻発する豪雨災害や南海トラフ地震などの自然災害に対する防災や復興において、専門的な知識やノウハウを有する建設技術者の人材確保・育成が課題となっています。
     このたび、県西部唯一の工業高校である県立宿毛工業高等学校において、測量や建築業界で欠かすことのできない「トータルステーション」を新たに導入し、より実践的な技術を身につけるための現場実習を充実させるべく、この測量機器の購入費用についてクラウドファンディングを実施します。
     トータルステーションが導入されることで、測量や建築の現場で実際に使われている機器を使用し、使いこなせることになり、建設技術者を目指す生徒の増加が期待されるとともに、実際に建設技術職として働く際に、機器の使用に関する高いレベルを有して従事することができることから、就職先への定着につながります。
     高知県、ひいては日本の将来を担う優秀な建設技術者を多く育成・輩出するため、県民の皆様のご支援をお願いします。
  • 内容
    1 目的
     高知県立宿毛工業高等学校に「トータルステーション」を導入し、より実践的な技術を身につけるための現場の実習を充実し、機器の使用に関する知識や技術の向上を図り、就職への定着化を図るとともに、高知県、ひいては日本の将来を担う優秀な建設技術者の育成・輩出を図る。
    
    2 「トータルステーション」とは
     道路工事や建築などの現場作業で距離や角度を測る測量機器であり、測量業界や建築業界では欠かすことのできない機器のこと。学校において、基礎的な知識や技術を習得しておくことが就職先からも当然に求められる。
    
    3 目標金額
     200万円
    
    4 寄附受付期間
     令和2年11月6日(金)から令和3年2月3日(水)
    

<添付書類>

担当課:高等学校課
係・担当者:総務担当 川渕、中島
電話:088-821-4851
ファクシミリ:088-821-4547