先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:保健師)

試験区分:保健師(平成30年度採用)
所属:幡多福祉保健所
異動歴:なし

01_保健師_作業風景

1. 現在の担当業務を教えてください。

 健康障害課で健康増進担当をしています。その中でも、主に結核・感染症に関する仕事をしています。結核患者さんが地域でしっかりと治療をできるように支援したり、感染症の集団発生時に相談を受けたりしています。結核や感染症に関する知識の普及啓発のため、講習会や研修会も実施しています。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 大学で地域看護の勉強や実習をする中で、地域住民みんなに働きかける看護の視点に興味を持ちました。大学卒業後は、一旦病院で働いていましたが、その中でも地域に帰ってからの家族を支援する大切さを感じ、改めて保健師の道を目指しました。県の保健師は、高知県全体を広い視点でみながら、地域住民を守る仕組みづくりができると考え、志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 県の保健師は、様々な施策や制度づくりを行っていて、机の上でいろんなデータをみながら事務作業をしているイメージでした。実際には、私の担当業務は患者さんやご家族と関わったり、地域の医療機関や施設の方々と連携をすることも多く、地域に出て活動することも多いです。実際に地域に出向いて、地域をみることの重要性を感じています。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 地域で暮らす結核患者さんについて、結核以外の生活に関する相談も受けることがあります。その後その患者さんとご家族が地域の資源を活用しながら笑顔で生活されていることを知ると、嬉しく感じます。担当業務に限らず、住民の方々のその人らしさや暮らしを支えられることに、保健師としてのやりがいを感じます。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 自分で調べたり考えたりした内容を、同僚・上司と共有しながら、相談をするようにしています。また、市町村や地域の医療機関、施設の職員の方々と連携しながら、一緒に対応を考えていくこともあります。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 県の保健師には様々な担当業務があり、住民の生活を守るためにどのような支援が必要なのか、多岐にわたって考えることができると思います。また、県内様々な地域の保健所等で働くため、各地域の特性を知りながら支援を考えられることも魅力だと思います。皆さんと一緒にこれからの高知県を支えていけることを楽しみにしています。