先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:警察事務)

試験区分:警察事務(平成30年度採用)
所属:警察本部会計課(高知県庁会計管理局総務事務センター派遣)
異動歴:高知南警察署→現所属

02_警察事務.png

1. 現在の担当業務を教えてください。

  私は、警察本部の会計課から県庁の総務事務センターに派遣され、物品を購入するにあたっての入札手続きや、県で使用する公用車の任意保険の管理などの会計・物品担当をしています。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 生まれ育った高知県をよりよいものにしたいと思ったからです。県民の方々が安心、安全な生活を送るために必要不可欠な警察という組織の一員として貢献したいと思い、警察事務を志望しました。

3. 採用前のイメージと採用後のイメージは違いましたか?

 警察事務の仕事は、警察官のサポートをする、縁の下の力持ちというイメージを抱いていました。しかし、実際に働いてみると、落とし物の窓口業務など表立った業務もあり、想像していたよりも県民の方々と接する機会が多いです。自分も警察官と同じ、警察組織の一員であるという自覚を持ち、職務に当たる必要があると感じました。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

 初めは全く分からなかったことも、業務を進めていくうちに自分の担当している業務一つ一つが警察組織を支えていることを感じられ、責任とやりがいを感じます。
 また、落とし物の窓口業務では、直接県民の方と接するため、自分の仕事が地域に貢献できていることを実感でき、特にやりがいを感じました。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 法令や規則等に基づいて業務を進めていくので、分からないことにぶつかることも多いです。自分で調べても分からない時は上司や同僚に相談し、アドバイスをもらうことで解決しています。また、他所属の同期に相談することもあり、周りの方々の力をお借りしながら仕事を進めています。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 警察事務の業務は幅広いため、覚えることも多く、大変だと感じることもあります。しかし、業務の一つ一つが警察活動を支えており、高知県の安心・安全に貢献することのできる、とてもやりがいのある仕事です。困った時には必ず周りの方々が力になってくれますし、時には冗談を言い合ったりと、明るく楽しい、働きやすい職場だと感じています。
 皆さんも高知県の警察事務として働いてみませんか。一緒に働ける日を楽しみにしています。