先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:学校事務)

試験区分:学校事務(平成28年度採用)
所属:南国市立後免野田小学校
異動歴:四万十市立中村南小学校→現所属

31gakkoujimu_1

1. 現在の担当業務を教えてください。

 学校の窓口として、様々な相手との事務手続きを取り扱っています。例えば、「文部科学省や県・市の教育委員会」なら文書の収受や調査の回答、「教職員」なら人事服務や給与に関する手続き、「児童生徒」なら学籍処理や就学援助制度の手続き、「施設」なら予算の執行や修繕箇所の点検、といった業務などがあります。他にも日々の電話対応や来客対応、地域との共同行事などもあります。小学校では学校事務職員は殆どが一人配置となっていますので、業務の幅が広いのがひとつの特徴だと思います。

2. なぜ、この職種を志望しましたか?

 縁があり県外から移住してきましたが、前職でも教育関係の仕事をしていたので、高知県でも教育に関わり、子どもたちの笑顔につながる仕事をしたいと思っていました。さらに移住当初に教員の方々と関わる機会があり、その姿を見て高知県の教育現場で働く先生たちを支えたいという気持ちも生まれました。
 自分には何ができるだろうと考えた時に、前職では民間企業の総務部で働いていたので、その経験を活かして教育現場に貢献するには学校事務しかない、と思い志望しました。

3. 実際に仕事をしてみて、この職に対する採用前のイメージと異なりましたか?

 採用前のイメージと違って、クリエイティブに働ける職業だと感じています。実際に働くまではルーティーンワークが多いのだろうと思っていました。確かに定期的な業務は多いですが、学校に一人の配置であれば、幅広くある業務をどのように進めていくかを自分で組み立てていかなければなりません。それには自分自身の働き方を管理して遂行する力が必要だと感じています。難しさを感じる部分ではありますが、組み立て方次第では独自の取組やアイディアも組み込んでいけるので、そこがクリエイティブで面白い所だと感じています。

4. 『やりがい』について、民間企業とはどんなところが異なりましたか?

 自分の頑張りがそのまま学校環境の改善、そして子どもたちの笑顔につながる職業なので、やりがいを感じる瞬間はとても多いです。修繕や整備を行った場所が活用されていたり、購入した教材を使って授業が行われていたりする姿を見て、嬉しく思うこともあります。民間企業と違うのは、利害関係にある消費者やスポンサー企業だけが対象なのではなく、小学校に通う子どもたち全員に対して、分け隔てなく尽くすことができるところだと思います。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

 必ず一人で抱え込まないようにして、管理職や学校事務支援室の方々に相談することで解決しています。ただし、まずは自分で条例や通知を調べてみて、自分なりの答えを出してから相談に伺います。
 また、一人で扱う仕事が多く、責任の重い仕事を人知れず抱え込みやすい環境にあるので、日頃から自分の取組や仕事の進捗について、職場の同僚や上司には積極的に伝えるようにしています。そうすると、自然と気にかけてくれる人や理解してくれる人が増え、思わぬところで解決策を頂ける事もあります。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

 私が民間企業から転職して改めて違いを実感したのは、学校現場には利益・売上という明確な指標が無いというところでした。もちろん授業には学習指導要領という指針がありますが、学校生活の中で子どもたちの成長をどのように支えていけば良いのかは、正解・不正解がありません。私もチーム学校の一員として、“子どもたちのために働く”ためにはどうするべきか、悩み、試行錯誤しながら日々の業務に取り組んでいます。
 みなさんも、学校事務の仕事に興味があるならば、教育に対してきっと熱い想いを持っているのではないでしょうか。ぜひ一緒に、その想いを形にするため、高知県の子どもたちの未来のため、教育に向き合ってみませんか。