先輩職員からのメッセージ

先輩職員からのメッセージ(試験区分:行政)

試験区分:行政(平成26年度採用)
所属:農地担い手対策課
異動歴:中央西福祉保健所→現所属

行政1

1. 現在の担当業務を教えてください。

高知県内の各産地を支える農業の担い手を募集する取組を推進しています。活動の一つとして、県内外で開催される農業や移住に関するイベントに専門の相談員と共に参加し、新たに高知県で農業を始めたい方の相談にあたっています。

 また、農業を新たに始める方の地域での研修受入や、地域とのつなぎ役となる農業者の認定事務及びその農業者で構成された協議会の事務局として業務にあたっています。

2. なぜ、この職を志望しましたか?

学生時代に国内各地の地域おこしや海外における文化と生活の関わりについて学んだことがきっかけでした。漠然と、生まれ故郷の高知で就職することは考えていましたが、自分が卒業後にやりたい仕事を考えたときに、様々な分野で地域の方々と関わることができ、また高知から海外に向けた情報発信にも携わりたいという思いから、行政の試験を受けました。

3. 実際に仕事をしてみて、この職に対する採用前のイメージと異なりましたか?

一般企業の営業職や市町村職員と比べると県民の方と接する機会は少ない業種になると思います。私が従事してきた業務は比較的県民の方と接する機会が多く、様々な意見を直接お聞きできますが、他部署の同僚から話を聞くとほとんど外に出ない部署もあり、採用前に思っていたイメージと異なりました。県職員と言っても様々な業務にたくさんの人が携わっていて、規模の大きさに驚きましたし、それぞれの分野の視点で話が聞けることは大変刺激になっています。

4. これまで担当してきた業務でやりがいを感じたことは?

農業に興味がある方を対象に、仕事としての高知県農業をPRするイベントの企画、実施を県内の大型施設や東京、大阪で行ったことです。イベントのコンセプトやターゲットの検討、関係者との調整、イベントの広報活動など、実施に至るまでの準備段階では苦労することも多々ありましたが、企画してきた内容が形になり、当日の参加者の反応を直接みられることに面白さを感じました。

 また、いただいた意見をもとに次回の展開を考える作業も、今後自分が別の業務にあたる際にも活用できる貴重な経験ができたと感じています。

5. 仕事上で困った時、どうやって解決しましたか?

まずは自分で既存の資料やデータなどをみながら解決策を考えます。案件によってはスピード感を持った対応を要するもの、自分だけでは解決が難しいものもあり、上司や同僚に相談して解決策を検討するようにしています。

 また、市町村の担当者や農業者の方に協力をお願いする場面も多々あるため、日頃から関係者の方々とのやりとりは大切にしています。

6. これから受験される方へのメッセージをお願いします。

基本的に事務作業がメインとなりますので、人によっては想像よりも作業量が多い、責任が重いと感じる場合もあると思います。一方で様々な業種と関わりを持って県全体の取組に携わることができる点は魅力でもあると思います。

受験する上では、今後の自分の生活を含め、業務にどのように携わりたいかを考えることが大切だと思います。私自身今でも、様々な方の考えに触れる中で、採用前の自分を見つめ直すことが業務のモチベーションにつながっています。

 より魅力的な高知県を目指して、皆さんと共に働けることを楽しみにお待ちしています。