「課題解決先進地」三原村の挑戦 ~集落活動センター「やまびこ」~(三原村)

公開日 2016年06月28日

平成27年度 地域の皆さんの活動(地域支援企画員からの報告)

三原村の取り組み(幡多ブロック)

報告者:三原村地域支援企画員  この記事に関するお問い合わせはこちら:電話0880-46-2123

三原村は、県西部の幡多地域に位置し、標高120メートルから200メートルの高原盆地に位置する山村で、役場のある中心地への一極集中は起こらずに、山があり、神社があり、人家があり、そして田んぼがあるという、まるで日本の原風景のような美しい姿が今でも見られます。

しかしながら、村の人口は、ピーク時の昭和30年の3,639人(国勢調査)から平成27年の1,568人(同)まで減っており、このままのペースでは、2060年(平成72年)には613人(国立社会保障・人口問題研究所推計)まで減ってしまうという予測もあります。

こうした状況を克服し、地域を活性化していくため、村では2060年の目標人口を1,335人と設定した「三原村創生総合戦略」を策定し、全村あげて産業振興、担い手確保、人づくり、地域づくりに取り組んでいますが、そのすべてに関わり、中心的な役割を担うのが、三原村集落活動センター「やまびこ」です。

村内全域をこの集落活動センター「やまびこ」はカバーしており、現在、次の5つの部会に分かれて活動しています。

●店舗部:買い物弱者対策として開業した販売店舗「みはらのじまんや」と連携し、地元の女性グループ等が四季折々の地元の食材を活かした料理を提供する「やまびこカフェ」を運営しています。

●福祉支援部:各地区のイベントの支援や防災セミナーの開催、伝統文化の保存のほか、男女の出会いの場づくり等に取り組んでいます。

●特産品販売促進部:村の食材で、昔ながらの「食」の文化を引き継いだ商品の掘り起こしなどを進めているほか、毎月第2土曜日には、村内各地区のグループが地元の食材を使った食事や加工品を提供する「べっぴんさん市」を開催しています。

●移住促進部:村内の空き家調査の実施や移住者交流会の開催ほか、県外の移住フェアにも参加して、移住希望者へのPR活動を行っています。

●生産部:集落営農の取り組みとして、高齢者の生きがいづくりや収入の確保のため、シシトウのハウス栽培、特産の三原米の集出荷にも取り組もうとしています。

今後も、サイクリングや大学生との交流イベントなどの観光事業や、ふるさと納税に関連する取り組みなどの新規事業を予定しているほか、引き続き村内各地区への支援を行っていきたいと考えています。

開所式
 開所式
やまびこカフェ
 やまびこカフェ
移住者交流会
 移住者交流会
シシトウ栽培
 シシトウ栽培

集落活動センターは、住民が主体となった課題解決型の組織として、これまで行政や区長会、商工会、農協、森林組合、社協、NPO、議会等が担い切れなかった役割を担っており、住民自治のあり方をも変える可能性のある非常に革新的な取り組みです。また、お祭り好きで、他の地域の者を自然に受け入れるおもてなし文化を持つ村民性は、小さい村だからこそできる、地域と行政との親密さや時代の変化への柔軟かつ迅速な対応力と相まって、三原村を課題解決先進地にする大きな可能性を秘めています。

現在、村が直面している、地域の経済的自立や少子高齢化の歯止めという課題は、今後日本全体、そして世界各地でも課題になるものと考えられます。地域支援企画員としては、課題解決先進地の成功モデルになれるよう、こうした三原村の挑戦を今後とも全力で支援していきたいと思います。

三原村集落活動センター組織図

組織図

連絡先

高知県 産業振興推進部 計画推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当  088-823-9333
成長戦略担当  088-823-9049
地域産業担当  088-823-9334
地方創生担当  088-823-9335
ファックス: 088-823-9255
メール: 120801@ken.pref.kochi.lg.jp