「鏡の梅干し」海を渡る!

公開日 2018年11月20日

平成29年度 地域の皆さんの活動(地域支援企画員からの報告)

高知市の取組(高知市ブロック)

 高知市鏡地域では、40年近く前から旧鏡村農協婦人部が特産の梅で梅干しやジュース等を製造していました。
 平成29年8月に県シンガポール事務所より添加物(蜂蜜やクエン酸等)が入っていない梅干しを探しているとの情報提供があったことをきっかけに、これまで鏡地域の直販店でしか販売していなかった梅が、海を渡ることになりました。
 その取り組みについて紹介します。

【県シンガポール事務所からの連絡】
 H29年8月の暑い日に県シンガポール事務所から、シンガポールの商社が「梅干し」を探しているとの1本のメールがありました。
 高知市農林水産課に情報提供をしたところ、「鏡地域では、古くから、地元で採れた青梅で伝統的な梅干しやジュースなどを地元の直販所で販売しており、 現在、県外への外商についても検討しているところ。鏡地域の紹介を含め、同地域の基幹品目である「梅」を海外に紹介して欲しい。」との回答がありました。

 早速、シンガポール事務所経由で、現地の商社に連絡をとり、サンプルの提供や鏡地域での試食会を実施し、梅干しに加えて他の商品についても提案するなど、積極的にアプローチを行いました。
 数ヶ月後、商社より、同社が経営する現地のスーパーにおいて、鏡地域の梅商品を中心とした高知フェアを実施したいので、生産者も参加して、店舗で試食販売をできないかとの連絡がありました。

【鏡の梅が海を渡る】
 地域本部内で「高知市内でしか販売していなかった「梅」をいきなりシンガポールで販売することができるのか?」などの不安はありましたが、中山間地域における農産物輸出促進の先進例になると感じ、すぐさま高知市やJA高知市女性部との調整に入りました。
 女性部のメンバーからは「まさか海外の商社から注目されるなんて」という驚きの声であったり、販促活動自体が初めてであるにも関わらず、「海外(シンガポール)で販売すること自体が意義のあること。加工品の宣伝にもなる」などといった前向きな意見をいただきました。

<シンガポールで梅製品を売ってみる>
 商社とも協議した結果、現地スーパーでは、
(1)梅干し、(2)ホケキョ漬け(梅のシロップ漬け)、(3)ちゃうめ(鏡地域産のお茶と砂糖を一緒につけ込んだもの) の3点を中心に試食販売することになりました。
 試食販売するスーパーは、大型ショッピングモール内にあり、多数の飲食店があることから、平日はビジネスマン、休日はファミリーや若いカップルの来店が多い店舗です。

店舗

試食

 試食方法は、梅干しはおにぎりとおかゆにトッピングしたものを、その他の商品は、一口サイズに刻んで提供することとしました。
 シンガポールでは、酸っぱい食べ物を食べる習慣がないため、比較的甘い「ホケキョ漬け」や「ちゃうめ」は好評でしたが、梅干しは酸味が強いことから苦手な表情をされるお客様が多く、なかなか販売につながりませんでした。
 現地の販売スタッフからは、梅干しはペーストにして焼酎割りやお湯に蜂蜜と一緒に混ぜて飲むなどしてはどうかとの提案をいただきました。 (次回に生かそうと思います。)

<ふり返る>
 今回は、初めての海外での販売だったこともあり、いろいろな課題がありました。
(1)価格の設定
 鏡地域の梅等は、直販所でしか販売していないため、輸送コストなど輸出に対応した価格設定ができなかった。
(2)言語の壁
 JA高知市の担当者が英語を話せたので良かったのですが、現地の販売スタッフへの説明も含め、唯一、英語の話せるシンガポール事務所やJA高知市の担当者に頼らざるをえませんでした。
 試食販売での、身振り手振りでは限界があるということがわかりました。

 

店頭B   店頭A

今後

【課題・今後の対応】
 初めてのシンガポールでの試食販売において、健康志向の強いシンガポールでは、日本で流通する梅干しの辛さ(塩分濃度)では、そのままでは、受入れられないことや、外商に対応する価格設定(帳合、輸送コストの負担など)の検討が必要ということが、確認できました。
 今後は、伝統的な梅干しづくりを行いながら、海外の健康志向の高い方にも買っていただける商品の磨き上げに取り組んでいきたいと思います。
 突然の話であったにもかかわらず、JA高知市鏡支所女性部の方々の思い切りの良さに、我々も随分助けられました。今後も引き続き、鏡地域の産品の外商に一緒に取り組んでいきたいと思います。

〈この記事に関するお問い合わせ〉
 高知市地域支援企画員 電話:088-872-5885
 

連絡先

高知県 産業振興推進部 計画推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当  088-823-9333
成長戦略担当  088-823-9049
地域産業担当  088-823-9334
地方創生担当  088-823-9335
ファックス: 088-823-9255
メール: 120801@ken.pref.kochi.lg.jp