高知のソウルフード「イタドリ」を全国発信

公開日 2018年11月20日

平成29年度 地域の皆さんの活動(地域支援企画員からの報告)

高知市の取組(高知市ブロック)

 イタドリは、日本中に分布している植物で、高知県内では、家庭でよく食べられますが、県外ではほとんど食卓にのぼりません。高知県のイタドリ出荷量は全国一位ですが、県外への販売が少ない状況でした。

 高知市の鏡地域では、休耕田の有効活用という観点から、昭和40年代よりイタドリの栽培をはじめました。イタドリは日本各地に生育していますが、栽培をしている地域はほとんどなく、全国での前例がほとんどないなか、試行錯誤を繰り返し品種改良を行うなど、肉厚で歩留まりが良い品種の開発、生産を行ってきました。

 また、高知県食品工業団地事業協同組合(以下、「食品工業団地」)では、イタドリが持つ機能性について着目し、イタドリを今後の有望農産物として原料確保及び商品開発に関する取り組みを進めてきました。
 そういったなか、鏡地域でイタドリが栽培されていることを知った食品工業団地は、高知県のソウルフード「イタドリ」を外商していくまたとないチャンスと考え、イタドリの外商活動を本格的に始めました。
 このような経緯で始まったイタドリの外商活動ですが、一体的かつ強力に進めていくために、JA高知市鏡支所イタドリ部会、食品工業団地、高知市、高知県(農業改良普及所、地域本部等)が集まりプロジェクトチームを作りました。
 このプロジェクトチームにおいて、取り組んだ活動を報告します。

○栽培イタドリの県内での生産拡大に向けた取組
1.販路拡大
 H28年度より、首都圏で開催する展示会(スーパーマーケットトレードショー、フーデックス等)でイタドリの紹介を行いました。

イタドリ1 イタドリ2

 展示会では、居酒屋チェーン店や食品メーカーのバイヤーなどから非常にめずらしい、食感がすごくいいなど大変好評で、ぜひ、購入したいとの話が数多くありました。
 バイヤーからは、最低でも100kg/月程度の仕入れをしたいなど、予想以上の要望がありイタドリという商品の有望性がうかがえました。

2.「鏡イタドリ講習会」の開催
 展示会等への出展など販路拡大を進めていくなかで、大きな課題が見えてきました。それは、圧倒的な原料の不足です。バイヤーから多数のニーズをいただいているものの、現状イタドリを栽培しているのは、高知市の鏡地域のみで、原料供給がすぐに追いつかなくなる状況は予想されました。
 そこで考えられたのは、イタドリ栽培産地の県内への拡大でした。プロジェクトチームが中心となり、県内の各地域でイタドリ栽培の拡大を図るため、平成29年9月24日・26日の二日間「鏡イタドリ講習会」を開催しました。この2日間で、県内各地域から約200名の参加者があり、参加者から栽培方法や加工方法についての質問が数多く出るなど関心も高く、栽培地域の拡大に向け大きな一歩を踏み出すことができました。

イタドリ3 イタドリ4

3.イタドリ苗の販売
 この「鏡イタドリ講習会」の参加者からイタドリの苗を購入したいとの要望が多数あったことから、JA高知市鏡支所イタドリ部会において苗の販売を実施しました。
 やはり、イタドリは高知県のソウルフード、予想を超える23地域から約20,000本の苗の注文がありました。
 イタドリ部会では苗の販売は初めての試みであることから、イタドリの苗(地下茎)の堀取りからそれを鉛筆ぐらいの大きさに切り取る地下茎苗作りまでを、イタドリ部会、市農林水産課、高知農業改良普及所、地域本部で5日間ほどかけて行い、苗を確保することができました。
 初日は、全てを手堀りで行っていたのですが、人力では限界があり、2日目以降は、油圧ショベルを導入し、なんとか、20,000本の苗の準備ができました。机上で考えるのと違い、実際にやってみるといろいろな課題が現れ、それをクリアするための改良点も見えてくることを実感しました。

<今後の取り組み>
 今後は、苗を販売した地域に対して、栽培に係る技術講習会やイタドリの皮剥、塩漬けなどの加工技術講習会の実施を予定しています。
 また、「こうちイタドリ」のブランド化を早期に進めるため、生産者と食品メーカーが一体となった協議会の設立の検討を進めています。

○地域支援企画員としての活動
 イタドリの外商支援は、平成28年10月頃からスタートし、短期間で平成29年度に地域アクションプランに位置づけされ事業が開始されました。
 地域本部では、生産者、JA高知市、食品工業団地、高知市、農業改良普及所などで構成されるプロジェクトチームの立ち上げや、休耕田等を活用したイタドリ栽培の研究を行っている和歌山県への視察、9月の講習会の開催、苗の販売などにかかる各機関等の調整などを行ってきました。
 今後、イタドリに関する生産・加工・販売の基盤強化を図るため、引き続き、各団体等とも連携しながら、サポートをすることで、「イタドリと言えば高知」というような「こうちイタドリ」のブランド力の向上につなげていきたいと考えています。

〈この記事に関するお問い合わせ〉
 高知市地域支援企画員 電話:088-872-5885

連絡先

高知県 産業振興推進部 計画推進課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 企画調整担当  088-823-9333
成長戦略担当  088-823-9049
地域産業担当  088-823-9334
地方創生担当  088-823-9335
ファックス: 088-823-9255
メール: 120801@ken.pref.kochi.lg.jp