新型コロナウイルス感染症について

公開日 2020年03月12日

 

新型コロナウイルス感染症について
よくあるお問い合わせをまとめました(Q&A)(令和2年3月12日版)

 

Q1職員に発熱と風邪症状があります。帰して休ませる必要があるでしょうか 

A1.発熱などの風邪の症状があるときは、新型コロナウイルス感染症にかかわらず、かぜやインフルエンザなどのよくみられる感染症を人にうつさないためにも、勤務はお休みいただくよう呼びかけております。

 

Q2熱や咳など、風邪の症状が一週間続いていて、会社を休みたいのですが、上司がお休みを認めてくれません。解熱剤を服用して出勤しています。どのようにしたらよいでしょうか? 

A2. 使用者には「安全配慮義務」がありますので、労働者の健康状態についても配慮を払う義務があります。「A1」の回答ににありますように、発熱などの風邪の症状があるときは、勤務はお休みいただくよう呼びかけております。この場合、会社に病気休暇制度がない場合は、年次休暇(いわゆる有給休暇)を使用することができます。

 なお、解熱剤を服用している場合は、発熱しているとみなします。Q2の方の場合、4日以上の発熱と風邪症状という具体的な症状がありますので、ご本人から高知県新型コロナウイルス健康相談センターへご相談ください。 

 

Q3.職員から「家族が新型コロナウイルスに感染した」と連絡がありました。職員は勤務を休ませるべきでしょうか? 

A3.職員の家族のうち、保健所により新型コロナウイルスに感染した方と強い接触があったと判断され(この場合、濃厚接触者といいます)仕事を休むことが望ましい方には、保健所から休業に関するお願いをし、あわせて健康観察を行っています。

 感染した方の家族であっても、接触の度合いによっては、お休みを必要としない場合もあります。

保健所から仕事を休むことをお願いをしていない方に対して、使用者が、休むことを指示した場合は、使用者の責に帰すべき事由による休業となります。

 詳しくは、新型コロナウイルスに関するQ&A(労働者の方向け、及び企業の方向け)をご覧ください。 

労働者の方向け

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00018.html

企業の方向け

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html 

また、高知労働局に「新型コロナ感染症の影響による特別労働相談窓口」も開設されています。

https://jsite.mhlw.go.jp/kochi-roudoukyoku/newpage_00329.html 

 

Q4勤務者の子どもが通っている学校で、新型コロナウイルスに感染した児童がいたと聞きました。この児童から勤務者の子どもを介して、勤務者にまで感染しているのではないかと心配です。この勤務者を出勤させてよいでしょうか? 

A4.公衆衛生上の観点からは、濃厚接触者には該当しないため、出勤については問題ありません。 

 

Q5ある地域で新型コロナウイルスに感染している方が発生していますが、その地域から通勤している勤務者は休ませるべきでしょうか? 

A5.公衆衛生上の観点からは、勤務を制限する必要性はありません。 

 

Q6 ある地域で新型コロナウイルスに感染している方が発生していますが、その地域から通勤している勤務者に対して、出社の可否を検討するため、新型コロナウイルスにかかっていない証明書を要求してもよいでしょうか。 

A6.現在、「新型コロナウイルスに感染しているかどうかを知りたいので、検査を受けたい」という目的での検査は実施していません。新型コロナウイルスにかかっていない証明書を提出することは困難です。

  

Q7.新型コロナウイルスの感染者が発生した地域で作られている農作物や食品は、食べても安全でしょうか? 

A7.公衆衛生上の観点からは、全く問題ありません。なお、食品を介した感染はこれまでに確認されていません。 

 

Q8. 新型コロナウイルスに感染している方が発生した地域に住んでいるという理由で、スポーツ施設の利用を断られてしまいました。 

A8.公衆衛生上の観点からは、利用することについて何ら問題はありません。なお、このような扱いを受けた場合、以下の窓口で相談を受けることができます。 

 

【電話による相談】 

みんなの人権110番

 0570-003-110(お近くの法務局の窓口につながります) 

子どもの場合

子どもの人権110番

 0120-007-110, 088-822-6505 

24時間(じかん)子供(こども)SOSダイヤル

 0120-0-78310(なやみ言(い)おう)

 

【メールによる相談】

法務省インターネット人権相談受付窓口

 

(Q4.5,6の注)保健所が「濃厚接触者」と判断した方で、仕事を休むことが望ましい方には、保健所からご本人に対して休業に関するお願いをしています。

(Q8.の注)保健所が「濃厚接触者」と判断した方で、施設の利用を差し控えた方がよい場合には、保健所からご本人に対して施設を利用しないようお願いをしています。

  

こちらもご覧ください 

新型コロナウイルス感染症に関する情報(高知県)

http://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/111301/info-COVIT-19.html

  

新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ先 

○発熱、咳など体の健康、予防、医療機関の受診に関すること

 新型コロナウイルス健康相談センター(電話:088-823-9300 FAX:088-873-9941)

 【受付時間】9時から21時(平日・土日祝日) 

○新型コロナウイルスに感染された方やそのご家族等のメンタルヘルス相談に関すること

 高知県立精神保健福祉センター(電話:088-821-4966)

 【受付時間】8時30分から17時15分(平日) 

○中小企業者の事業資金等の相談に関すること

 経営相談窓口(電話:088-823-9695 FAX:088-823-9138 メール:150401@ken.pref.kochi.lg.jp)

 【受付時間】8時30分から17時15分(平日・土日祝日) 

○その他の相談に関すること

 新型コロナウイルス問い合わせ窓口(電話:088-823-9024 FAX:088-823-9253)

 【受付時間】8時30分から21時(平日)

 必要に応じ県庁内の関係課へ取り次ぐなど、県民の皆様のお困りごとの解決のため対応します。

  

このQ&Aに関するお問合せ先

 安芸福祉保健所 健康障害課 感染症担当

 電話 0887−34−3177 

連絡先

高知県 健康政策部 安芸福祉保健所
住所: 〒784-0001 高知県安芸市矢ノ丸1丁目4番36号 高知県安芸総合庁舎
電話: 代表 0887-34-3175
地域支援室 0887-34-3176
総務保護課 0887-34-1158
健康障害課 0887-34-3177
衛生環境課 0887-34-3173
ファックス: 0887-34-3170
メール: 130111@ken.pref.kochi.lg.jp