里帰り出産に関する今後の対応について

公開日 2020年07月03日

分娩取扱医療機関管理者の方々へ

    現在の新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、高知県では、県外からの里帰り出産に関する対応について下記のとおりといたします。
    里帰り出産を希望される妊婦等から問い合わせがあった場合は、下記の考え方に沿って対応をよろしくお願いいたします。
 
 
 

里帰り出産を希望される妊婦の皆様へ

    妊婦の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症に対する大きな不安を抱かれていることと思います。国の緊急事態宣言の解除を受け、自粛を求められていた県境をまたぐ移動については、全国を対象に制限が解除されています。しかし、現時点でも、長距離移動は感染リスクの高い行為だと考えられ、高知県への里帰り出産については、下記のことを心がけていただきますようお願いいたします。
 
1 里帰り出産を希望される場合は、帰省に先立って高知県内の分娩取扱施設に受け入れの可否を問い合わせること。
2 原則として、妊娠第32週までに高知県に帰省すること。また、帰省日から遡って7日以内に妊婦健診を受けたうえで、高知県での里帰り出産が可能であることを担当医師に確認すること。
3 高知県との往来自粛が要請されている都道府県から帰省される場合は、帰省後14日間は実家等で安静に待機するとともに、発熱や咳等の症状がある場合は、新型コロナウイルス健康相談センター(午前9時~午後9時(088)823-9300(平日・土日祝日))に電話相談すること。
4 上記待機期間中に子宮緊満感や性器出血等を認める場合は、速やかに分娩取扱施設に電話で連絡すること。また、受診時は必ずマスクを着用すること。
 
 
 
 

連絡先

高知県 健康政策部 健康対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: がん・企画担当 088-823-9674
難病担当 088-823-9678
感染症担当 088-823-9677
周産期・母子保健推進室 088-823-9659
ファックス: 088-873-9941
メール: 130401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード