季節性インフルエンザワクチン及び助成事業について

公開日 2020年11月13日

季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い

新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。
今年は過去5年で最大量(最大約6300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされている方が 確実に接種できるよう、ご協力をお願いします。

令和2年9月11日付け「今冬のインフルエンザワクチンの優先的な接種対象者への呼びかけについて[PDF:135KB]」(厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)より、
○原則として、
 ①予防接種法に基づく定期接種対象者(65 歳以上の方等)の方々でインフルエンザワクチンの接種を希望される方は10 月1日(木)から接種を行い、それ以外の方は、10 月26 日(月)まで接種をお待ちいただくようお願いします。
○10 月26 日(月)以降は、
 特に、②医療従事者、65 歳未満の基礎疾患を有する方、妊婦、乳幼児(生後6 ヶ月以上)~小学校低学年(2年生)の方々で、インフルエンザワクチンの接種を希望される方に対して、接種が可能となります。
○なお、これら以外の方々についても、10 月26 日(月)以降は接種をお待ちいただく必要はありません。

●季節性インフルエンザワクチン接種時期ご協力のお願い(厚生労働省作成)~(リーフレット[PDF:199KB]

高知県インフルエンザワクチン定期接種費用助成事業について

 今年度につきましては、定期予防接種対象者で自己負担が発生していた方を対象に、高知県が自己負担分を助成する事業を実施します。

 ※生活保護受給者等は、これまでと同様市町村窓口で「自己負担金免除証明書」の交付を受け、医療機関に提出して下さい。

助成案内チラシ

 ※案内チラシのダウンロードはこちら[PDF:215KB]をご覧ください。

対象者(高知県に住所を有する方)

・65歳以上の方(※)

・60歳以上65歳未満(※)で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルス(HIV)により免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者

※接種時の年齢

実施期間

 令和2年10月1日(木)~令和2年12月31日(木)(医療機関の休診日を除く)

接種場所

 高知県内の実施医療機関[PDF:158KB]

 ※予防接種を受けられる際は、必ず、あらかじめ上記の実施医療機関 にお問い合わせください。

 

※本助成事業以外の予防接種に関する詳細については、住所地の市町村予防接種担当課[PDF:45KB]にお問い合わせください。

医療機関のみなさまへ

「高知県インフルエンザワクチン定期接種費用助成事業」に係る、請求方法及び様式は下記をご覧ください。(令和2年10月19日別紙様式1変更)

reiwa 2

   ・請求書の記載方法について(変更後)[PDF:174KB]

 ・別紙様式1 費用請求書(変更後)[PDF:33KB]

 ・別紙様式1 費用請求書(変更後)[DOC:14KB]

連絡先

高知県 健康政策部 健康対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: がん・周産期担当 088-823-9674
難病担当 088-823-9678
感染症担当 088-823-9677
ワクチン接種推進室 088-823-9092
ファックス: 088-873-9941
メール: 130401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード