新型コロナウイルスワクチンに係る医療従事者等向け優先接種について

公開日 2021年05月28日

新型コロナウイルスワクチン医療従事者向け優先接種(特設会場)のご案内

医療従事者向け優先接種(特設会場)についてはこちらをご覧ください。

「医療機関向け手引き」について

医療機関向けの手引きについては、こちらをご参照ください。

令和3年2月24日付け健健発0224第3号「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する医療機関向け手引き」の改訂について[PDF:3MB]

●関係様式はこちら

 別添   臨時接種実施要項[PDF:162KB]

 様式3-1 予診票[PDF:357KB]

 様式4-1 医療従事者向け接種記録書[PDF:37KB]

 様式5-1 口座申請・変更時の市区町村への提出書類(参考様式)[XLSX:26KB]

 様式5-2 口座変更時の国保連への提出書類[XLSX:26KB]

 様式7-1 情報連携シート(基本型→連携型サテライト型)[DOCX:16KB]

 様式7-2 台帳(基本型)[DOCX:16KB]

 様式8-1 副反応疑い報告様式[PDF:154KB]

接種予定者リストの作成について

 全ての医療機関は、接種券付き予診票を発行するために、接種予定者リストを作成する必要があります。

 また、基本型及び連携型接種施設またはとりまとめ医療関係団体は、接種券付き予診票の発行を行って下さい。

基本型接種施設及び連携型接種施設(※1)

①接種予定者リストを作成してください(医療従事者等優先接種予定者リスト[XLSX:143KB])。

②医療従事者等への接種は、接種券付き予診票を費用請求等に用いるため、V-SYS(※2)を用いて自施設の医療従事者等の接種券付き予診票を発行し、優先接種開始までに接種予定者に配布してください。

 ※1 基本型接種施設:ディープフリーザーを設置して接種を行う接種実施医療機関。
     連携型接種施設:当該施設に勤務する医療従事者等が原則として概ね100人以上の医療機関が対象。基本型接種施設から2~8℃の環境でワクチンの分配を受け、医療従事者等への接種を行う接種実施医療機関。

 ※2 V-SYS操作マニュアルはV-SYS内の「ナレッジ」で確認することができます。

基本型接種施設及び連携型接種施設以外のその他の医療機関等

①とりまとめ医療関係団体等が設ける締切(2月25日頃)までに接種予定者リスト(医療従事者等優先接種予定者リスト[XLSX:143KB])を作成し、とりまとめ医療関係団体等に提出をお願いします。

②とりまとめ医療関係団体等は予診票様式が確定後、接種付き予診票を発行・当該医療機関等に送付し、当該医療機関等が接種予定者に配布をしてください。

各とりまとめ医療関係団体はこちら

とりまとめ医療関係団体名 

対象機関
高知県医師会 医療機関(基本型・連携型接種施設を除く)
高知県歯科医師会 歯科医療機関
高知県薬剤師会

県内の薬局

高知県訪問看護連絡協議会

県内の訪問看護ステーション

(設置主体が医療法人以外)

高知県健康対策課 医師会及び歯科医師会に加入していない医療機関
接種者リスト送付時の注意点

・メールで提出する際は必ずパスワードをかけ、誤送付のないようにご注意ください。

・メール以外の方法で提出する場合は、各とりまとめ医療関係団体へ一度ご連絡ください。

優先接種を受けられる方の流れについて

①接種対象者の確認
 該当する方には、お勤め先が接種の意向や、住民票のある住所を確認し、接種予定者名簿を作成し、お勤め先の病院や、関係団体(医師会、歯科医師会、薬剤師会等)等が取りまとめます。
②接種についての案内
 お勤め先から接種券付き予診票が配布されます。
 予診票に記載されている住所等が住民票に記載されている内容と違いがないか確認をお願いします。(誤りがある場合は接種日までに訂正をしてください。)
 接種場所や日時については、ワクチンの供給量や予定日などが分かってから、お勤め先からお知らせします。
③接種日の手続き
 接種を受ける日には、「接種券付き予診票」と「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を必ずお持ちになってください。
 また、1回目の接種の日に、接種の記録書をお渡しします。記録書は2回目の接種でも使いますので、接種券付き予診票と一緒に保管し、2回目の接種のときにお持ちください。
④市町村がお送りする接種券の取り扱い
 お勤め先で渡される「接種券付き予診票」を使って接種を受けた医療従事者等の方にも、後日市町村から接種券が送付されますが、接種を受けた方は使用しないでください。

集合契約について

 接種を実施する医療機関は集合契約の手続きを行う必要があります。
 基本型接種施設及び連携型接種施設については、ワクチン接種契約受付システム(V-SYSの機能の一つ。利用に当たりV-SYS用のIDは不要。)を用いて委任状を発行・印刷し、押印のうえ、郡市医師会に委任状を提出するようにお願いします。なお、医師会未加入の医療機関は所在地の市町村まで委任状を提出するようにお願いします。

 ※委任状の作成方法については、市町村または県へお問い合わせください。
 
V-SYSへの初期登録(V-SYS稼働後速やかに)
 基本型接種施設及び連携型接種施設については、委任状提出時に登録したメールアドレス宛にワクチン接種円滑化システム(以下「V-SYS」という。)のIDとパスワードが送付されます。V-SYSの初期登録ができないとワクチンの分配が受けられないため、V-SYS稼働後速やかに、V-SYSの初期登録を行うことが必要です。

<参考>厚生労働省ホームページ

 ・医療従事者等への接種について

 ・新型コロナワクチンについて

 ・新型コロナワクチンについてのQ&A

 

 

連絡先

高知県 健康政策部 健康対策課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: がん・周産期担当 088-823-9674
難病担当 088-823-9678
感染症担当 088-823-9677
ワクチン接種推進室 088-823-9092
ファックス: 088-873-9941
メール: 130401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード