令和3年度 高知県認知症介護基礎研修の実施について

公開日 2021年11月24日

令和3年度認知症介護基礎研修の実施について

 県では、介護保険施設・事業所等に従事する介護職員を対象に、認知症介護に関する基礎的な知識・技術と
 それを実践する際の考え方を学ぶための研修を実施します。
 研修の内容については実施要領をご覧ください。

◆認知症介護基礎研修
   
  実施要領・プログラム[PDF:130KB]  申込書[DOC:33KB]

 


◆受講の申込について

 ■ 申込方法
   郵送又は持参により申込みをしてください。
   なお、研修の実施については、次の書類及び研修実施要領を高知県社会福祉協議会から各施設・事業所に郵送しています。  

  令和3年度認知症介護基礎研修の実施について[PDF:66KB]
   

 ■ 申込書の提出先
   〒780−8567 
   高知市朝倉戊375−1 高知県立ふくし交流プラザ1階 
   高知県社会福祉協議会

 

 ■ 提出期限
   実施回によって異なります。実施要領をご参照ください。

 

 【参考】
  高知県社会福祉協議会が開催する認知症に関する研修の仕組み[PDF:85KB]


◆受講者の決定について
 以下の実施回について受講者を決定し、決定者には事業所宛てに決定通知を発送しました。

 令和3年度介護報酬改定により、介護サービス事業者に、介護に直接携わる職員のうち、医療・福祉関係の資格を有さない者について、
 当該研修を受講させるために必要な措置を講じることが義務づけられました。
 本年度は多数の申込みがあったため、当該義務づけの対象となる方を優先して選定を行いました。
 なお、受講ができない方については、通知の発送を行っておりません。
 

 ■ 受講者決定実施回

     1.高知市(6月17日開催)

     2.四万十市(6月23日開催)

   3.須崎市(7月19日開催)

   4.室戸市(8月24日開催) ※新型コロナウイルス感染症の影響により、室戸市での開催予定回は中止とさせていただきます。
              延期等の措置は行いませんので、令和4年度での受講をお願いいたします。

   5.佐川町(10月4日開催)

     6.高知市(10月11日開催)

   7.南国市(12月9日開催)

  

 


 ※認知症介護基礎研修の義務化の対象外となる資格等
  看護師、准看護師、介護福祉士、介護支援専門員、実務者研修修了者、介護職員初任者研修修了者、生活援助従事者研修修了者、
  介護職員基礎研修課程修了者、訪問介護員養成研修1級課程・2級課程修了者、社会福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、理学療法士、
  作業療法士、言語聴覚士、精神保健福祉士、管理栄養士、栄養士、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師等
  (厚生労働省はこのほか介護報酬改定のQ&AのVol.3でも解釈を記載しています。)

連絡先

高知県 健康政策部 在宅療養推進課
住所: 〒780-8570 高知市丸ノ内1丁目2番20号
電話: 在宅医療 088-823-9104
連携推進 088-823-9848
ファックス: 088-823-9137
メール: 131401@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード