JENESYS2.0ミャンマー訪日団(大学生)の高知県訪問

公開日 2015年02月23日

  外務省が実施している「JENESYS2.0」の一環として、平成27年2月12日(木)から16日(月)までの4泊5日の日程で、ミャンマーの大学で日本語を専攻している学生23名及び引率者2名が高知県を訪問し、地元の高校生や住民との触れ合い、伝統工芸体験や地場産業・観光地の視察などを通じて、高知の魅力を体感しました。

  また、これらの交流に先立ち12日(木)に行われた自治体訪問では、県文化生活スポーツ部長との懇談が行われ、部長より訪日団への歓迎の言葉と激励のメッセージが送られました。懇談に引き続いて行われた講義では、県観光政策課から高知県の観光の取組みについて説明があり、本県への関心と理解を深めていただきました。一連の行事は全て日本語で行われましたが、日本語を専攻している学生ということもあり言葉をよく理解し、熱心な学習意欲も伺えました。

  交流の最終日にあたる15日(日)には、滞在期間中に交流を深めたホストファミリーなど関係者とのお別れ会(ホームステイ歓送会)が開かれました。最初に、県国際交流課から訪日団の皆様へ、体験学習等を通じて取得した「龍馬パスポート」の授与が行われ、ふたたび高知にお越しいただきたい旨を伝えました。次に、協力団体やホストファミリー、ミャンマー大学生から交流内容の紹介や感想が述べられ、短い期間ながらも充実した異文化理解・交流の機会であったことが報告されました。終盤には、ミャンマーの歌(多民族が協力し合い仲良く暮らす願いを込めたもの)に合わせた踊りのパフォーマンスがあり、閉会にあたっては、学生代表が日本語で、感謝の言葉とミャンマーにもぜひ遊びに来て欲しい旨を伝えました。最後は、訪日団のアーチにより、別れを惜しみながらホストファミリーを見送る姿が印象的でした。

※「JESESYS2.0」について(外務省HP)http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/page3_000069.html

 

自治体訪問(県文化生活スポーツ部長との懇談、自治体講義)の様子

ミャンマー訪日団来高2015.2 023圧縮

ミャンマー訪日団来高2015.2 033圧縮

ホームステイ歓送会でのミャンマーの踊りのパフォーマンス

ホームステイ歓送会 005圧縮

 

連絡先

高知県 文化生活スポーツ部 国際交流課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 国際交流担当 088-823-9605
ファックス: 088-823-9296
メール: 141901@ken.pref.kochi.lg.jp