令和3年度第2回「高知県防災関連製品認定制度」の公募について

公開日 2021年09月27日

令和3年度第2回「高知県防災関連製品認定制度」の公募について(県内企業の防災関連製品・技術を募集します)

 「高知県防災関連製品認定制度」は、これまで数多くの災害に見舞われ、それを克服してきた高知県の企業による技術・ノウハウから生み出された防災関連製品・技術について、品質や安全性等の観点で審査を行った上で、高知県防災関連産業交流会が「高知県防災関連登録製品」として認定する制度です。
 認定された製品や技術は、「メイド・イン高知」の防災関連製品・技術として、登録製品カタログ・減災カタログ・高知県防災関連製品ポータルサイトでの掲載等を通して、国内外に情報を発信していきます。

 令和3年度第1回審査会では新たに9製品が認定され、令和3年8月末の時点で163製品が登録されています。国内外に向けての自社製品のPRをお考えの方は、当制度を是非ご利用ください。
 皆さまのご応募をお待ちしております。

 製品認定のメリット・募集の概要等→チラシ[PDF:1MB]

1 公募期間

 令和3年9月29日(水)~令和3年10月27日(水) 17時必着
       
  ※申請者の方は、審査会でプレゼンテーションを行っていただく予定です。
   新型コロナウイルス感染症の流行状況等により、プレゼンテーションを中止する可能性があります。
  ※審査会は11月下旬~12月中旬の予定です。
  ※審査結果は12月中に発表する予定です。

2 応募対象製品・技術

 高知県内に本社又は当該製品の製造に係る主たる事業所を有する個人事業主、法人又はこれらを営む者で組織される法人もしくは団体が、製造又は開発した防災関連の製品や技術 
 ※現在販売されている製品・技術のみ応募可能です。製造中、開発中のものは応募できません。

3 応募方法

 認定申請書に必要事項を記載し、必要書類を添付のうえ、郵送又は持参にて提出してください。
 (新型コロナウイルス感染症対策の観点から原則郵送にて応募してください。)

 ※令和3年10月27日(水) 17時必着

 詳しくは、「申請の手引き」「実施要綱」「審査基準」をご覧ください。

4 応募用紙

 高知県防災関連製品認定制度に係る認定申請書[DOC:60KB]

   高知県防災関連製品認定制度申請の手引き[PDF:105KB]

【注意事項】
・今回の申請から押印不要としています。
・申請に必要な書類等についての詳細は「申請の手引き」をご確認ください。

製品・技術に適応される法令上の許認可が必要な場合は、許認可等の取得状況が分かる書類を必ず添付してください。
・申請書の記載方法や審査会までのスケジュールなど詳細な情報については、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。

5 実施要綱・審査基準

 高知県防災関連製品認定制度【実施要綱】[PDF:207KB]

 高知県防災関連製品認定制度【審査基準】[PDF:74KB]

 

6 その他(申請可能な制度等)

 「高知県防災関連製品認定制度」のほかに、「高知県モデル発注制度」や、「高知県新事業分野開拓者認定制度」について申請可能です。
 なお、県が必要に応じて発注を行うものであり、発注を確約するものではありません。
 防災関連製品を「高知県モデル発注制度」及び「高知県新事業分野開拓者認定制度」に応募する場合は、「高知県防災関連製品認定制度」で認定されていることが必須条件となりますので、ご注意ください。
 詳しくは、以下ホームページをご確認ください。

 高知県工業振興課ホームページ内
 令和3年度「高知県新商品の生産等による新事業分野開拓者認定事業」及び「高知県モデル発注制度」の公募について(予定)
    https://www.pref.kochi.lg.jp/soshiki/150501/2021020400104.html

7 お問い合わせ先

  高知県防災関連産業交流会事務局
  高知県商工労働部工業振興課内(高知家の防災製品サポートデスク)
  担当:梅原・杉本・竹内
  TEL:088-823-9724
  E-mail:150501@ken.pref.kochi.lg.jp

連絡先

高知県 商工労働部 工業振興課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎5階)
電話: 企画調整担当 088-823-9691
地場産業担当 088-823-9720
ものづくり支援担当 088-823-9724
外商支援担当 088-823-9022
海洋深層水推進室 088-823-9720
ファックス: 088-823-9261
メール: 150501@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード