主要な地すべり事業の整備状況

公開日 2015年08月06日

 中央東土木事務所本山事務所の平成27年度重点目標のうち、地すべり事業に関する現在の取り組み状況をご紹介します。

 

【川戸連火地区の被災状況】
 平成26年8月2日~4日の台風12号豪雨により、幅約120m、長さ約150mの地すべりが発生し、町道川戸桃原線を押出し、民家裏まで土塊が迫り、前面の道路が一時通行不能になりました。

 

【西久保地区の被災状況】

 平成26年8月2日~3日の台風12号豪雨により、8月3日12時頃、幅約70m、長さ約120mの地すべりが発生し、町道佐賀井上組線が崩壊して、2戸の民家が孤立しました。

 

【災害関連緊急地すべり対策工事】

川戸連火地区と西久保地区は地すべり活動が発生しやすい地域であり、かつ、台風による降雨が集中しやすい南東向きの斜面です。さらなる被害拡大を防ぐため、地すべり活動を抑止、抑制する工事を行います。

 

川戸連火地区災害緊急地すべり対策工事[PDF:538KB]

 

西久保地区災害緊急地すべり対策工事[PDF:532KB]

 

 

連絡先

高知県 土木部 中央東土木事務所本山事務所
住所: 〒781-3601 高知県長岡郡本山町本山946番6号
電話: 道路第一班 0887-76-2105
道路第二班 0887-76-2105
河川砂防班 0887-76-2105
ファックス: 0887-76-4253
メール: 170104@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード