高知から発信する下水道の未来 第5回シンポジウム「コロナ禍における下水処理場の役割」の開催について

公開日 2021年12月24日

  高知県では、下水道関係者が、下水道に関する最新の情報を交換するとともに交流を促進し、全国の下水道が抱える課題の解決や持続可能な下水道を実現する一助となることを目的として、平成29年度からシンポジウムを開催しています。

 今年度は、「コロナ禍における下水処理場の役割」をテーマとして、ZoomによるWebinarで開催しますのでお知らせします。

 

<開催概要>

高知から発信する下水道の未来 第5回シンポジウム「コロナ禍における下水処理場の役割」

・開催日時:2022年1月25日(火) 14:00~17:00

・会場:ZoomによるWebinar

・申込方法:申込受付フォームよりお申し込みください。詳細については、開催案内をご確認ください。

・定員:500名(先着順)

・参加費:無料

・申込締切り:2022年1月18日(火)

・共 催:高知大学、高知県(予定)、高知市(予定)

・協 賛:(株)日本水道新聞社

・プログラム

 ◆ 開会挨拶
   高知大学 副学長 石塚 悟史
   高知県 土木部長 森田 徹雄

 ◆招待講演

  14:10~14:40
  産官学での新型コロナウイルス下水サーベイランスの試みと今後の動き
     京都大学 名誉教授 田中 宏明 氏

  14:40~15:10
  下水サーベイランスに基づく新型コロナウイルス感染症流行予測
     東北大学 教授 佐野 大輔 氏

  15:10~15:40
  下水疫学:下水処理場やマンホールでの新型コロナウイルスRNA調査で見えてきたこと
     高知大学 准教授 井原 賢 氏

  15:40~16:10
  産学官連携によるDiseaseX感染症対策ワーキンググループ活動紹介
     ~下水疫学調査データとビッグデータ・デジタル技術のX-Techプロジェクト~
     京都府 政策企画部 企画参事 吉岡 信吾 氏

 ◆パネルディスカッション 16:20~16:50
     コーディネーター:藤原 拓 氏(京都大学 教授/高知大学 名誉教授)
     パネラー:高橋 退助 氏(高知市 上下水道局お客さまサービス課課長)、
       田中 宏明 氏、佐野 大輔 氏、井原 賢 氏、吉岡 信吾 氏

 ◆ 閉会挨拶
        高知市 上下水道事業管理者 山本 三四年 氏

【開催案内】【開催案内】高知から発信する下水道の未来 第5回シンポジウム[PDF:88KB]

 

(問い合わせ先)
 高知県 土木部 公園下水道課
    電話:下水道担当 088-823-9854

連絡先

高知県 土木部 公園下水道課
住所: 〒780-8570 高知県高知市丸ノ内1丁目2番20号(本庁舎6階)
電話: 下水道担当 088-823-9854
環境施設担当 088-823-9851
公園緑地担当 088-823-9853
ファックス: 088-823-9036
メール: 171801@ken.pref.kochi.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード