さんSUN高知4月号ロゴ
 
 
県政ピックアップ(2)
 
藻場の回復を目指して
漁業者による環境保全
 
 海藻が豊富に生育している「藻場」は、さまざまな生物の生息・産卵場所として、沿岸部の生態系に重要な役割を果たしています。また、海藻はCO2などを吸収して酸素を供給するので、人間にとっても貴重な存在です。しかし、近年藻場がなくなり、生物や漁業に大きな影響を与える「磯焼け」が大きな問題となっています。   ウニ類の除去は素潜りで行う
ウニ類の除去は素潜りで行う。
 
磯焼けからの回復(黒潮町でのモデル事業)
 

 県内の一部の海域では、海藻を食べるウニ類が磯焼けに関係しています。黒潮町では、試験的に行ったウニ類の除去が成果を上げたことから、大方町漁協を中心とした「黒潮町藻場保全推進協議会」を結成し、昨年8月にウニ類を除去しました(3日間で延べ82人の漁業者が参加し、1haの範囲内のウニ類約6万8千個を除去)。
 県では、今後、このモデル事業をもとに、地元の漁業者を中心とした磯焼け対策への支援を検討していきます。

黒潮町上川口で行われたウニ類の除去試験
ウニ類の除去試験  除去前(平成14年)
除去前(平成14年)
右向き矢印 ウニ類の除去試験  除去後(平成16年)
除去後(平成16年)
 
問い合わせ 県庁水産振興課 TEL 088・821・4829 URL http://www.pref.kochi.lg.jp/~kaiyou/
 
仕切り線
 
前のページへ 表紙へ戻る 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー