高知県広報紙 さんSUN高知 平成21年(2009)3月号 No.169 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知3月号表紙  
 

今月の表紙

土佐宇宙酒 宇宙を旅した酵母でつくられ、4年前に県内18社の蔵元から同時発売。ロマンあふれる世界初のお酒は大きな反響を呼びました。今年3月21日には、酵母だけでなく宇宙を旅した玄米から作られた、県独自の酒造好適米を使用した「完全な」土佐宇宙酒が発売されます。このお酒で「天にも昇る」 気分が味わえるかも?
土佐宇宙酒の写真
高知の自慢!いち押しをご紹介 がんばる「高知のちから」発見!
宇宙ロケットの写真

夢とロマンで挑んだ酒造り

宇宙でつくった日本酒が飲みたい。そんな大きな夢からスタートした酒づくりに挑戦したのは「高知県宇宙利用推進研究会『通称てんくろう(天喰郎)の会』」。県工業技術センターと共同で行った酵母や玄米の選定などさまざまな課題を乗り越え、3年がかりでロケットへの搭載を実現。酵母と酒造好適米「吟の夢」「風鳴子」の玄米は、打ち上げられたロケットで約10日間の宇宙旅行を経て帰還しました。この玄米を3年かけて増産し、ようやく酒米として今年3月発売の宇宙酒に使われることになりました。
 
酒造好適米の田植えの様子

 

県独自の酒造好適米 酒づくりにおける他県との競争力を高めるため、高知県酒造組合と県工業技術センター、農業技術センターが共同で3品種を開発。宇宙を旅した「吟の夢」「風鳴子」の玄米はわずか数十粒ずつでしたが、増産を続け、昨年の秋には約190トンが収穫されました。
 
 
 
  表紙へ戻る 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー