高知県広報紙 さんSUN高知 平成21年(2009)5月号 No.171 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知5月号表紙  
 

今月の表紙

龍馬・弥太郎がいたふるさと高知  其の二

岩崎弥太郎像と生家(安芸市)

 「東洋の海上王」と呼ばれ、三菱グループの礎を築いた岩崎弥太郎は、天保5年12月11日(西暦1835年1月9日)、安芸市井ノ口の地下(じげ)浪人の子として生まれました。土佐藩の参政であった吉田東洋や後藤象二郎のもとで活躍し、慶応2年(1866年)には藩の開成館貨殖局に勤務。翌年には、脱藩の罪を許された坂本龍馬が率いる「海援隊」の会計も担当しています。維新後の明治3年(1870年)、土佐藩から九十九(つくも)商会の経営を引き受け、これが後に三菱商会へとつながり、現在の三菱グループとなりました。安芸市にある岩崎弥太郎像は、弥太郎の生誕150年を記念して江ノ川上公園に建立されました。また、生家の土蔵の鬼瓦には三菱のマークの基となった、岩崎家の「三階菱」の家紋を見ることができます。

DATA

岩崎弥太郎像へは、ごめん・なはり線安芸駅から西へ徒歩約5分。生家へは、安芸駅から市内を循環する「元気バス」循環一ノ宮線で約30分、一ノ宮下車すぐ。

岩崎弥太郎像の写真

岩崎弥太郎生家と三階菱の家紋の写真

平成22年から「龍馬伝」放送開始
 
  表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー