高知県広報紙 さんSUN高知 平成21年(2009)7月号 No.173 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知7月号表紙  
 

今月の表紙

龍馬・弥太郎がいたふるさと高知  其の四

旧立川番所書院(大豊町)

 江戸時代、土佐藩主が参勤交代で使った旧土佐街道の途中にあった立川番所(関所)。国境警備の要衝の一つで、藩主の本陣(宿泊所)として利用されました。1858年(安政5年)10月、番所から500mほど離れた荷宿という地の付近で、坂本龍馬は水戸藩(現在の茨城県)の浪士であった住谷寅之助と大胡聿蔵(だいごいつぞう)の2人と会見しました。2人の目的は土佐で尊王攘夷思想を説くためでしたが、入国手形を持っておらず、龍馬に入国の仲介を依頼しました。しかし、この時の龍馬は24歳で、江戸での修行から帰ってきたばかり。2人の期待に応えることはできませんでした。現在番所は旧立川番所書院として国の重要文化財に指定され、建物は昔のまま保存されています。

DATA

JR大杉駅から町営バス「立川」行きで「立川番所前」で下車し、徒歩2分。

開館日・時間/日曜・祝日9~17時。

入場料大人210円・小中学生100円。

TEL0887-78-0322

旧立川番所書院の写真

龍馬と水戸藩士が会見した地に立っている看板

龍馬と水戸藩士が会見した地には立川御殿保存会による看板が立っている

 
土佐・龍馬であい博 来年1月開催
 
  表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー