高知県広報紙 さんSUN高知 平成21年(2009)10月号 No.176 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知10月号表紙  
 

今月の表紙

龍馬・弥太郎がいたふるさと高知 其の七

吉田東洋記念之地と後藤象二郎生誕地(高知市)

 三菱グループの礎を築いた岩崎弥太郎が飛躍したきっかけの一つに、土佐藩参政の吉田東洋との出会いがあります。弥太郎は謹慎していた東洋が開いた「少林塾(鶴田塾)」で学び、東洋が参政に復帰すると、長崎に出張して土佐藩のために働くようになります。しかし、東洋は土佐勤王党の志士たちに暗殺されてしまいます。暗殺された場所は、高知市中心部にある追手前小学校の東塀のあたり。ここに「吉田東洋記念之地」の石碑がひっそりと立っています。
 東洋が亡くなった後に弥太郎を登用したのは、同じく少林塾に通っていた、東洋の甥の後藤象二郎です。弥太郎は、象二郎から長崎の土佐商会、大阪の開成館大阪出張所の運営を任され、これが後の三菱の礎となります。高知市の台所とも呼ばれてにぎわう大橋通の南にある土佐教会の入口横に、後藤象二郎生誕地の碑は立っています(地図右横の写真)。

DATA

吉田東洋記念之地へは、電停「堀詰」下車、徒歩約5分。
後藤象二郎生誕地へは、電停「大橋通」下車、徒歩約3分。

吉田東洋記念之地の写真

後藤象二郎生誕地の碑の写真

後藤象二郎生誕地の碑

 
土佐・龍馬であい博 来年1月16日開催
 
  表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー