高知県広報紙 さんSUN高知 平成22年(2010)3月号 No.181 さんSUN高知 RSS
 
さんSUN高知3月号表紙  
 

今月の表紙

龍馬・弥太郎がいたふるさと高知 其の十二

維新の門と龍馬脱藩の道 (梼原町)

 文久2年(1862年)春、坂本龍馬は沢村惣之丞(そうのじょう)と共に土佐を脱藩。この時から暗殺されるまでの6年間、龍馬は東奔西走し、新しい時代に向けて活躍します。脱藩直後、土佐藩では吉田東洋が暗殺され、当初は龍馬の関与も疑われました。その後、岩崎弥太郎も大阪に赴きましたが、これは東洋暗殺の犯人を探すためだったとも言われています。

 龍馬たちが脱藩できたのは、梼原町の志士、那須俊平・信吾親子の案内があったからだといわれています。梼原町の「維新の門」には、龍馬や惣之丞のほか、この地域周辺から輩出された六人の志士(吉村虎太郎、那須俊平・信吾、前田繁馬、中平龍之助、掛橋和泉)の躍動的な群像が建立され、龍馬たちが駆け抜けて行った道には「龍馬脱藩の道」の道しるべが立っています。

DATA

維新の門へは、JR須崎駅から高知高陵交通バス「梼原」行きで約1時間10分。バス停「梼原」下車、徒歩約5分。JR須崎駅から出発する「タクシープラン」もあります。

維新の門の写真

韮ヶ峠(にらがとうげ)の写真

龍馬は愛媛県との県境にある「韮ヶ峠(にらがとうげ)」から脱藩した。

 
土佐・龍馬であい博 好評開催中
 
  表紙へもどる 次のページへ
 
「さんSUN高知」に関する問い合せ TEL 088・823・9046
※この広報紙は、各市町村役場でもお渡ししています。
※県の広報紙の点字版・録音版をご希望の方は県庁障害保健福祉課(TEL 088・823・9634)へ
バックナンバー